中野駅周辺と中野区内のグルメレポート。居酒屋・ラーメン・カレー・地域情報・・・エトセトラ。
中野餃子 やまよし@中野
2017-06-26 Mon 22:41
「中野餃子 やまよし@中野」のレポート。

今回は、「店舗紹介編」。

2017年5月12日創業。
吉祥寺の人気店「肉山」の光山英明さん(株式会社個人商店 代表取締役社長)が、プロデュース。

店主は、中野区在住の矢部淳さん。
矢部さんは10年以上ラーメン店で働き、餃子好きが高じて、自ら餃子のお店を開業。

中野餃子 やまよし@中野
中野駅北口、サンモール商店街を直進し、中野ブロードウェイ入口を右折。
「白線通り」を暫く歩いた左手の「中野新仲見世商店街」にある。
以前はジンギスカン料理の「神居古潭(カムイコタン)」があった場所。

中野餃子 やまよし@中野
「中野餃子 やまよし」と書かれた赤提灯が目印。

中野餃子 やまよし@中野
総席数12席。
壁には、お笑い芸人・アンジャッシュの渡部建さんのサインが直に書かれている。

中野餃子 やまよし@中野
カウンター5席。
肩が触れ合うほどの狭さ。
密着度が高く、みんな仲良しになれるかも。

中野餃子 やまよし@中野
2階は、4人掛け×1卓、3人掛け×1卓の7席。
三角地のテナントの空間利用は、なかなか難しものがある。

中野餃子 やまよし@中野
もし、ここで火災や地震があったらどうしよう。

中野餃子 やまよし@中野
そうだこの窓から逃げ出そう。
しかし、出っ腹がそれを拒むかもしれない。

中野餃子 やまよし@中野
卓上調味料は、辣油、酢、醤油、それと粗挽き胡椒。
黄色いのは、「卓上ベル」。
1階のスタッフを呼ぶもので、10カウントを打ってはいけない。

中野餃子 やまよし@中野
「ドリンクメニュー」。
日本酒は置いていない。
ハイボールが、餃子に合うようだ。
中野愛があるならば、中野ハイボール(ナカボール)があってもイイかも。

中野餃子 やまよし@中野
「餃子・つまみ・ご飯」のメニュー。

餃子はいつ食べるの?
きょうさ。

(*´∀`*)ノ マタネ!

中野餃子 やまよし
***********************
【住所・住所】東京都中野区中野5-55-9
【電話】非公開
【定休日】月曜
【営業時間】 16:00-24:00(23:30L.O.)
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口徒歩4分
スポンサーサイト
別窓 | やまよし@中野 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
志喜千庵@新中野(4)
2017-06-25 Sun 22:56
「志喜千庵@新中野」のレポート。

1951年(昭和26年)創業。
石臼挽き自家製粉を使用した手打ち蕎麦のお店。

前回のレポートはコチラ→「志喜千庵@新中野(3)」。

志喜千庵@新中野
新中野駅出口2を出ると、目の前が青梅街道。
左手に進んで直ぐ。
マグドナルドの隣。

志喜千庵@新中野
店内は木目調の落ち着いた雰囲気。
総席数52席。
1階は、テーブル24席(2人×4卓、4人×4卓)。
2階は、座敷を含む28席。

志喜千庵@新中野
今回は、「穴子天ざる/1100円」。

志喜千庵@新中野
デフォルトで、蕎麦は他店の大盛り。
店主の心意気が伝わってくる。

蕎麦は、手きりの平打ち。
ラーメンと違って、日本蕎麦の平打ちは少ない。
キッチリと水で〆られ、シコシコ感がある。
ウマいねぇ。

志喜千庵@新中野
穴子天は、衣サックリ。
柔らかくしっとりとした肉質。
脂が載っていて、うまかっちゃん。

志喜千庵@新中野
蕎麦湯はトロミがあり、残った汁を入れて飲む。

志喜千庵@新中野
店頭に置いてある製粉機。
これほどガッツリ喰ったという気分になれる蕎麦屋は、類を見ない。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

志喜千庵
************
【住所・地図】東京都中野区中央4-4-6
【電話番号】03-3381-5363
【定休日】日曜・祝日
【営業時間】11:00-21:00
【アクセス】東京メトロ丸の内線 新中野駅出口2 徒歩30秒
別窓 | 志喜千庵@新中野 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| HOME | NEXT