中野駅周辺と中野区内のグルメレポート。居酒屋・ラーメン・カレー・地域情報・・・エトセトラ。
酒道場@中野(3)
2017-01-23 Mon 22:06
「酒道場@中野」のレポート。

1971年(昭和46年)創業。
女将さんは、尾瀬出身の高草木美智子さん、今年75歳。
子供の頃読んで感動した「二十四の瞳」の著者・壺井栄が住む中野に憧れ、偶然にも中野にて開業。

前回のレポートはコチラ→「酒道場@中野(2)」。

酒道場@中野
中野駅北口より、「中野サンモール」を直進。
中野ブロードウェイ入口の4本手前の路地を右折して、「ふれあいロード」に出る少し手前にある。
名店「中華そば 青葉 中野本店」の左隣、「中野北口三番街」にある。

酒道場@中野
「ただいま」と思わず言ってしまいそうな落ち着く雰囲気。

酒道場@中野
L字カウンター8席。

酒道場@中野
女将さん1人で切り盛り。

酒道場@中野
「冷酒(両関)/500円」。
秋田の「両関酒造株式会社/1874年(明治7年)創業」の日本酒。
淡麗で、口当たりも良く美味しい。

酒道場@中野
「筍煮/お通し」。
味付程良く、タケノコのシャクシャクとした食感を楽しむ。

酒道場@中野
「茹で玉子/サービス」。
玉子の殻を剥いた後、白身と黄身の間に、醤油をチラリと流し込む。
あら、不思議。
味付玉子の味わいになった。

酒道場@中野
「ピーマンきんぴら/200円」。
キンピラは、ゴボウとニンジンだけじゃないのね。

酒道場@中野
「酎ハイ/400円」。

酒道場@中野
「あげアスパラ/550円」。
アスパラの食べ方の一つを学ぶ。

酒道場@中野
「なすみそ/580円」。
ナスの他、ベーコン、玉ねぎ、ピーマンも入っている。
ナスに味噌、合わないはずがない。
ウマい。

酒道場@中野
「両関/400円」。
冷やではなく、常温だと100円安い。
酔いが回れば、冷えてなくても大丈夫。

酒道場@中野
「へしこ/サービス品」。
「これ、食べてみて」と差し出された一品。

しゃべった後に、ガラガラ声で「カッカッカツ」と笑う女将さん。
この笑い声を聞くと、日々の嫌なことも記憶から一掃される。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

和洋酒処 酒道場
**********************
【住所・地図】東京都中野区中野5-58-1
【電話】03-3388-2671
【定休日】日曜・祝日
【営業時間】16:00-24:00
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩5分
スポンサーサイト
別窓 | 酒道場@中野 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
酒道場@中野(2)
2016-05-15 Sun 20:59
「酒道場@中野」のレポート。
今回は、「実食編」。
前回の「店舗紹介編」はコチラ→「酒道場@中野」。

酒道場@中野
ここは、「中野北口三番街だ」・・・「押忍」。
左は「中野屋」、右は「中華そば 青葉だ」・・・「押忍」。
「おい、中に入るぞ」・・・「押忍」。
「心の準備は、いいか」・・・「押忍」。

酒道場@中野
ガラガラ、お邪魔します・・・「♀じゃなく、押忍」。
L字型カウンター8席で、先客は常連さんが二組。
二組とも、焼酎をボトルキープしている。

酒道場@中野
「酎ハイ/400円」。
日本酒を飲む前に、コレで喉を潤す。

酒道場@中野
「お通し」。
揚げアスパラを梅干しで和えたもの。
アスパラを梅で和えるとは、思いつかなかったが、美味しい一品。
家でやってみよう。

酒道場@中野
「あゆの南蛮/580円」。
「煮魚」が先客の分で終了したというので、これを。
サクッと揚げられた鮎を酢に漬けたもの。
揚物に酢と言うのは合うね。
鮎も美味しい。

酒道場@中野
「冷酒-両関/500円」。
初めて飲む酒だが、スッキリとしていて飲みやすい。
醸造アルコールのツンツンとした感じは一切ない。

酒道場@中野
「ニラ豆腐/560円」。
女将さんお薦めの一品。
ごま油に醤油と秘伝のソースで味付けしたニラ豆腐。

酒道場@中野
「冷酒-両関/500円」。
コップじゃなくて、升で飲むと何で美味しいんだろう。

酒道場@中野
「茹で玉子/サービス品」。
「良かったら、食べてみて、カッカッカー(女将さんの笑い声)」。
「半分に割った玉子に醤油を垂らし、モミモミするんだよ、カッカッカー」。
「これが、つまみには最高なんだよ、カッカッカー」。

酒道場@中野
茹で玉子と言えば、「塩」か「マヨネーズ」だと思っていた。
醤油は、味玉と同じ味わい。
味玉は数日つけなければならないが、これなら簡単。

酒道場@中野
「助さんも聞きなさい、格さんも聞きなさい」。
「お酒を飲むなら、ここで道場、カッカッカー」。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

和洋酒処 酒道場
**********************
【住所】東京都中野区中野5-58-1
【電話】03-3388-2671
【定休日】日曜・祝日
【営業時間】16:00-24:00
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩5分
別窓 | 酒道場@中野 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
酒道場@中野
2016-05-03 Tue 10:41
「酒道場@中野」のレポート。
今回は、「店舗紹介編」。

1971年(昭和46年)創業。
女将さんは、尾瀬出身の高草木美智子さん、御年74歳。
子供の頃読んで感動した「二十四の瞳」の著者・壺井栄が住む中野に憧れ、偶然にも中野にて開業。

酒道場@中野
中野駅北口より、「中野サンモール」を直進。
中野ブロードウェイ入口の4本手前の路地を右折して、「ふれあいロード」に出る少し手前にある。
名店「中華そば 青葉 中野本店」の左隣、「中野北口三番街」にある。

店頭には、メニューなどが書かれた黒板があるだけで、外からは中の様子が窺えない。
入るのに少し勇気がいる店構えと屋号。 

酒道場@中野
ドアを開けると、時空を超えた異質な空気が漂っている。
屋号の「酒道場」という名から、武骨な大将がいるのかと思ったが、華奢な女将さんが一人で切り盛りをしている。
「荷物はそこらへんに置いてね」としゃがれ声で言う。

酒道場@中野
L字カウンター8席。
コンロなどは、カウンター席からは見えない。

酒道場@中野
女将さんは、時折、常連さんと言葉を交わす。
そのやり取りを聞いているだけでも楽しい。
言葉の最後に、必ずしゃがれ声で「カッカッカー」と笑うのがまた面白い。

酒道場@中野
「お飲物のメニュー」。
日本酒は、「両関」。
1986年7月(創業明治7年)創業の「両関酒造株式会社(秋田県湯沢市)」の日本酒。

酒道場@中野
「定番メニュー」。
仕込みの関係上、表記されているものが全て揃っている訳ではない。
予め、「今日は、何がある」と聞いた方が良さそう。

酒道場@中野
店内にある「黒板メニュー」。
「ニラ豆腐」と「春キャベツサラダ」がお薦めとのこと。

酒道場@中野
店頭にぶら下がっていた「黒板メニュー」。
店内のものとは、若干違う。

酒道場@中野
ハードルが高く入るのには躊躇していたが、扉を開けた瞬間、わだかまりがとけすぐ馴染めた。
これは、女将さんの妖術か。
「カッカッカー」。

次回は、「実食編」。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

和洋酒処 酒道場
*********************
【住所】東京都中野区中野5-58-1
【電話】03-3388-2671
【定休日】日曜・祝日
【営業時間】16:00-24:00
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩5分
別窓 | 酒道場@中野 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| HOME |