中野駅周辺と中野区内のグルメレポート。居酒屋・ラーメン・カレー・地域情報・・・エトセトラ。
八九屋@中野|居酒屋|中野区
2013-06-08 Sat 18:42
「八九屋@中野」の実食レポート。

焼き鳥・焼きトンのお店。

さあ、ここで問題。
店名の「八九屋」の「八九」とは何と読むか。
①「はちく」・・・そのまま読んで。
②「はちく」・・・破竹の勢いに引っ掛けて。
③「やく」・・・焼くに引っ掛けて。
④「はく」・・・吐くに引っ掛けて。

④だと、引くなぁ。
②だと、かっこいい。

正解は、③の焼く、だと思う。たぶん。

八九屋@中野-店舗外観
お店の場所は、中野駅北口より「ふれあいロード」へと向かう。
そして、「第二力酒蔵」とスーパーの「ライフ」の間の路地を東に進んで直ぐ。
人の流れがこちらの路地には向かわないので、認知されるには時間がかかりそうな微妙な場所。
「ホッピー」と書かれた提灯が目印。
庇に「立呑み」と書かれてはいるが、現在は椅子が用意されている。

八九屋@中野-店内
店内は、カウンター4席とテーブル8席程度。
テーブル席では椅子に背もたれがないので、壁に背中をつけて座ると落ち着く。

八九屋@中野-店内
ホール担当は親父さん、焼き台は息子さんが担当。

八九屋@中野-メニュー
このお店の基本は、「八九屋得セット(700円)」。
ドリンク1杯に串5本というセットで、串は好きなものを選択できる。
組み合わせにより、100~200円得になる。

八九屋@中野-メニュー
「ドリンクメニュー」。

八九屋@中野-メニュー
「お品書き」。
メニューは、外税価格で表示。

今回は、「得セット」2人前。串はおまかせ。

八九屋@中野-グレープフルーツサワー
「グレープフルーツサワー」。
「お疲れちゃーん」。

八九屋@中野-豚トロ・かしら
「豚トロとかしら」。
「豚トロ」は、バジルがかかっている。
噛むと脂がジュワーッと出てきてジューシー。
「かしら」は、しっかりとした食感。

八九屋@中野-レモンサワー
「レモンサワー」。

八九屋@中野-ねぎま
「ねぎま」。
塩角もなく、塩梅は程好い。
塩の振り加減が絶妙。
肉の旨味を引き立てている。
ウマいなぁ。

八九屋@中野-なんこつ
「なんこつ」。
肉付の軟骨で、コリコリ感が何とも言えない。

八九屋@中野-砂肝
「砂肝」。
特有のシャリシャリとした食感が楽しい。

次回は「つくね」「レバー」「ペコロス(小玉ねぎ)」などをチョイスしたい。
この界隈では、焼き鳥が150円、200円とするお店もあるが、やはり100円位じゃないとネ。
「センベロ(千円でベロベロに酔う)」のお店として、推奨。

やきとり 八九屋(やくや)
「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「
【住所】東京都中野区中野5-32-17
【電話】03-3387-8984
【定休日】日曜
【営業時間】
〇17:00~22:30(L.O.22:00)-月~金曜
〇17:00~21:00(L.O.20:30)-土曜
【アクセス】JR中央線・東京メトロ東西線他 中野駅 徒歩5分

↓↓↓お帰りの際は、こちらをポチッとお願いします。アリガトウ!
スポンサーサイト
別窓 | 八九屋@中野 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| HOME |