中野駅周辺と中野区内のグルメレポート。居酒屋・ラーメン・カレー・地域情報・・・エトセトラ。
手打そば まつや@新中野(4)
2016-11-14 Mon 22:35
「手打そば まつや@新中野」の実食レポート。

2000年(平成12年)創業。
1884年(明治17年)創業の老舗「神田まつや」の暖簾分け。
兄が本店を継ぎ、弟のご主人が新中野で開業。

前回のレポートはコチラ→「手打そば まつや@新中野(3)」。

手打そば まつや@新中野
新中野駅出口3を出て右へ行くと「鍋屋横丁交差点」。
右折して、暫く歩いて右側にある。

手打そば まつや@新中野
テーブル20席 (4人掛×2、2人掛×6)。
壁にたくさん貼られたお品書き。

手打そば まつや@新中野
店内奥の製麺室。

手打そば まつや@新中野
今回は、「車えび 天南ばんそば/1050円」。
天ぷらは、車海老、ピーマン、しめじ、なす。
カラッと揚がった薄衣の天ぷら。
サクサクで、美味しいッス。

手打そば まつや@新中野
蕎麦は滑らかな口当たりで、角もきちんと感じられる。
蕎麦の風味も豊か。
汁は、カエシの味がしっかりとしていて、節も効いている。

手打そば まつや@新中野
「そば団子」。
ミニまぐろ丼か、そば団子かを選択できる。
黒蜜をかけ、きな粉を振りかけたそば団子。
信玄餅のようで美味しい。

手打そば まつや@新中野

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

手打そば まつや
*********************
【住所】東京都中野区本町4-38-26
【電話】03-3381-2470
【定休日】日曜
【営業時間】11:30-14:30/17:30-21:30
【アクセス】東京メトロ丸の内線 新中野駅 徒歩5分


スポンサーサイト
別窓 | まつや@新中野 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
手打そば まつや@新中野(3)
2016-10-28 Fri 20:30
「手打そば まつや@新中野」の実食レポート。

2000年(平成12年)創業。
1884年(明治17年)創業の老舗「神田まつや」の暖簾分け。
兄が本店を継ぎ、弟のご主人が新中野で開業。

前回のレポートはコチラ→「まつや@新中野(2)

まつや@新中野
新中野駅出口3を出て右へ行くと「鍋屋横丁交差点」。
右折して、暫く歩いて右側にある。

まつや@新中野
「神田まつや@淡路町」は、文豪・池波正太郎が愛したお店として知られている。

まつや@新中野
店内に入り、正面に製麺室が見える。
清潔感溢れる店内。
テーブル20席 (4人掛×2、2人掛×6)。

まつや@新中野
今回は、「車えび天せいろそば(1050円)」。
ミニまぐろ丼をチョイス。

まつや@新中野
車海老の上に、かぼちゃ、ピーマン、なすの天ぷらが載っている。
衣はサクサク、具はホクホク感があり、絶妙な揚げ具合。

まつや@新中野
蕎麦はエッジが立った手打。
スルスルと啜り心地が良く、喉越しも抜群。
噛むと蕎麦の風味が香り立ち、美味しい。

まつや@新中野
カエシは濃いめで、鰹節の風味豊か。

まつや@新中野
蕎麦湯は、ややドロ系。
最後にこれを飲むのが楽しみ。
残った汁に入れて飲み、最後に単独で飲む。
ウメェ。

まつや@新中野
ランチで付く「ミニまぐろ丼」。
「そば団子」にすることもできる。
蕎麦だけじゃ足りないよと思う人でも、これが付けば満腹ね。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

手打そば まつや
*********************
【住所】東京都中野区本町4-38-26
【電話】03-3381-2470
【定休日】日曜
【営業時間】11:30-14:30/17:30-21:30
【アクセス】東京メトロ丸の内線 新中野駅 徒歩5分
別窓 | まつや@新中野 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
まつや@新中野(2)|日本蕎麦|中野区
2014-01-24 Fri 20:06
「手打そば まつや@新中野」の実食レポート。
2回目の訪問。

2000年(平成12年)創業。
1884年(明治17年)創業の老舗「神田まつや」の暖簾分け。
兄が本店を継ぎ、弟のご主人が新中野で開業。

まつや@新中野
「鍋谷横丁」の一角にある。

まつや@新中野
麻の暖簾が粋。

まつや@新中野
店内は、テーブル20席 (4人掛×2、2人掛×6)。

まつや@新中野
今回は、「車エビ天せいろうそば(950円)」。
ミニまぐろ丼をチョイス。

まつや@新中野
かぼちゃ、ピーマン、なすの天ぷら。
その下に、車海老の天ぷら。
サクサクとした衣、具は蒸されたようなホクホク感があって美味しい。

まつや@新中野
エッジがたった蕎麦は、コシがあり、スルリと落ちる喉越しも良い。
蕎麦の風味も良くて美味しい。
カエシは濃いめで、鰹節の風味豊か。

まつや@新中野
最後に、蕎麦湯。
蕎麦の醍醐味はこれですな。

まつや@新中野
ランチで付く「ミニまぐろ丼」。
「そば団子」にすることもできる。
ワサビは、このお店ではつかない。

通常、天せいろうというと、1200~1500円取るところがざら。
それを考えるとCPが良い。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

手打そば まつや
:::::::::::::::::::::
【住所】東京都中野区本町4-38-26
【電話】03-3381-2470
【定休日】日曜
【営業時間】11:30-14:30/17:30-21:30
【アクセス】東京メトロ丸の内線 新中野駅 徒歩5分
別窓 | まつや@新中野 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
まつや@新中野|日本蕎麦|中野区
2013-05-13 Mon 20:54
「手打そば まつや@新中野」の実食レポート。

2000年(平成12年)創業。
1884年(明治17年)創業の老舗「神田まつや」の暖簾分け。
兄が本店を継ぎ、弟のご主人が新中野で開業。

まつや@新中野-店舗外観
新中野駅を出て、青梅街道を渡ったところにある「鍋谷横丁」の一角にある。
木製の看板と麻の暖簾が目印。

まつや@新中野-置き看板
店頭の置き看板。
その横に、お昼のサービスメニューが書かれた紙が貼られている。

下記の通り。
①ちらし(そば・うどん)900円
②車えび天南ばん(そば・うどん)950円
③車えび天せいろう(そば・うどん)950円
④鴨なんばん(そば・うどん)1000円
⑤鴨せいろう(そば・うどん)1000円
それに、「ミニまぐろ丼」又は、「そば団子」が付く。

まつや@新中野-店内
店内は、テーブル20席 (4人掛×2、2人掛×6)。
奥が厨房。
天井には、竹があしらわれオシャレな和の空間。
壁には、坂本九、植木等、山本富士子など著名人の色紙が飾られている。

まつや@新中野-お品書
壁に貼られたお品書。
肴のメニューもあり、日本酒の銘酒「菊正宗」、「想天坊」、「久保田」、「司牡丹」、蕎麦焼酎の「峠」なども取り揃えている。

まつや@新中野-ちらしそば
今回は、お昼のサービスメニュー「ちらしそば+そば団子(900円)」。

ちらしそばは、冷しにの蕎麦に多彩な具が載ったメニュー。

具は、小海老天ぷら、アスパラ天、胡瓜、プチトマト、油揚げ、貝割れ、錦糸玉子、おろし、花かつお、海苔、大葉。

まつやの蕎麦は、つなぎに卵を使っている。

まつや@新中野-ちらしそば
ワサビは、「神田まつや」と同様でついていない。
欲しければ、その旨を伝えればつけてくれる。

蕎麦は、薄いグレーがかった色合い。
スルスルっと啜りやすく、喉越しが良い。
コシがあり、ゴツゴツとしたしっかりとした食感。
蕎麦の風味も香る。

汁は鰹出汁が効いた辛口。

具のてんぷらは、衣がサクサクとしていて美味しい。
お揚げは、たっぷり汁が含まれていてジューシー。
野菜もたっぷりでヘルシー。

まつや@新中野-そば団子
最後に、「そば団子」を食す。
そば団子は、きな粉とその上に黒蜜がかけられたもの。
モチモチとしていて、ウマい。

量的に満足感を得たい場合は、「ミニまぐろ丼」を選択すべし。
デザートとしては、「そば団子」が珍しくお薦め。
質・量・価格的にも、良心的。
酒党にも嬉しいお店。

手打そば まつや
「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「
【住所】東京都中野区本町4-38-26
【電話】03-3381-2470
【定休日】日曜
【営業時間】
○11:30-14:30/17:30-21:30
【アクセス】東京メトロ丸の内線 新中野駅 徒歩5分

↓↓↓お帰りの際は、こちらをポチッとお願いします。アリガトウ!
別窓 | まつや@新中野 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| HOME |