中野駅周辺と中野区内のグルメレポート。居酒屋・ラーメン・カレー・地域情報・・・エトセトラ。
ラ・ブランシェ (La Branche)@中野(11)
2017-03-12 Sun 22:46
「ラ・ブランシェ (La Branche)@中野」の実食レポート。

1924年(大正13年)創業の「小西酒店」に併設されたワインバー。
現在の店舗は、2002年9月に改装されたもの。
店名のLa Brancheとは、フランス語で「枝」と言う意味。

前回のレポートはコチラ→「ラ・ブランシェ (La Branche)@中野(10)」。

ラ・ブランシェ (La Branche)@中野
「新井交差点」より、早稲田通りを高円寺方面に歩いた右側。
「中野体育館入口」交差点のそば。

ラ・ブランシェ (La Branche)@中野
カウンター7席、テーブル18席。

ラ・ブランシェ (La Branche)@中野
今回は、「食べるスープランチ/930円(税込)」。
本日のメニュー。
・5種きのことポークのマスタード
・ごはん/クリーム煮
・子持ちししゃもの唐揚げサラダ
・フルーツ

ラ・ブランシェ (La Branche)@中野
「ごはん&クリーム煮」。
マスタードがほのかに香るクリームソース。
鶏の旨味と野菜の甘みがミックスされていて、深いコク。
ごはんを崩しながら混ぜて食べると、実にウマい!

ラ・ブランシェ (La Branche)@中野
「子持ちししゃもの唐揚げサラダ」。
ししゃもは、フリッター。
これに、オランデーズソースがかかっている。
ふんわり、サクッとした食感がイイね。

ラ・ブランシェ (La Branche)@中野
「フルーツ」。
内容は、スイカ・メロン・キュウイ・オレンジ。

必須栄養素をしっかり取れるヘルシーランチ。
平日のみなので、たまにしか来れないのが残念(涙)。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

ラ・ブランシェ (La Branche)
*********************************
【住所・地図】東京都中野区新井2-30-2
【電話】03-5380-5368
【定休日】日曜
【営業時間】
・11:30-15:00(ランチ)
・11:30-18:00(カフェ)
・18:00-22:00《L.O》(ワインバー)
【アクセス】JR・東西線 中野駅 徒歩7分
スポンサーサイト
別窓 | ラ・ブランシェ@中野 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ラ・ブランシェ (La Branche)@中野(10)
2017-02-02 Thu 22:45
「ラ・ブランシェ (La Branche)@中野」の実食レポート。

1924年(大正13年)創業の「小西酒店」に併設されたワインバー。
現在の店舗は、2002年9月に改装されたもの。
店名のLa Brancheとは、フランス語で「枝」と言う意味。

前回のレポートはコチラ→「ラ・ブランシェ (La Branche)@中野(9)」。

ラ・ブランシェ (La Branche)@中野
「新井交差点」より、早稲田通りを高円寺方面に歩いた右側。
「中野体育館入口」交差点のそば。

ラ・ブランシェ (La Branche)@中野
入口右側の通りに面したところがカウンター席。

ラ・ブランシェ (La Branche)@中野
「ソーヴィニヨン・ブラン レぜルバ/3000円(内税)」
チリ産の白ワイン。
フルーティーな香りで、ほど良い甘さ。
 
ラ・ブランシェ (La Branche)@中野
「ロブスターのムース/500円」。
最初の付き出し。
プチサイズだが、旨味が濃縮されていてウマい。

ラ・ブランシェ (La Branche)@中野
「新鮮レバーの赤ワイン煮/500円」。
特有の風味は抑えられ、レバーの美味しさに舌鼓。

ラ・ブランシェ (La Branche)@中野
「かつおの和風カルパッチョ/790円」。
青じそ、ミョウガ、生姜、大根おろしををオリーブオイルと高知のポン酢をかけたもの。

ラ・ブランシェ (La Branche)@中野
「マッシュマッシュ/590円」。
マッシュポテトに、自家製デミグラソースで煮たマッシュルーム。
上品な味付けで美味しい。
マシュルームの口どけ感がたまらない。

ラ・ブランシェ (La Branche)@中野
今宵も、中野の夜がふけていく。
C'était très bon. (セテ トレ ボン)!

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

ラ・ブランシェ (La Branche)
*********************************
【住所・地図】東京都中野区新井2-30-2
【電話】03-5380-5368
【定休日】日曜
【営業時間】
・11:30-15:00(ランチ)
・11:30-18:00(カフェ)
・18:00-22:00《L.O》(ワインバー)
【アクセス】JR・東西線 中野駅 徒歩7分
別窓 | ラ・ブランシェ@中野 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ラ・ブランシェ (La Branche)@中野(9)
2017-01-25 Wed 22:06
「ラ・ブランシェ (La Branche)@中野」の実食レポート。

1924年(大正13年)創業の「小西酒店」に併設されたワインバー。
現在の店舗は、2002年9月に改装されたもの。
店名のLa Brancheとは、フランス語で「枝」と言う意味。

前回のレポートはコチラ→「ラ・ブランシェ (La Branche)@中野(8)」。

今回は、「夜メニュー」の紹介。

ラ・ブランシェ (La Branche)@中野
中野駅北口より、中野通りと早稲田通りが交わる「新井交差点」を左折。
早稲田通りを高円寺方面に歩いた右側。
「中野体育館入口」交差点のそば。

ラ・ブランシェ (La Branche)@中野
昼間に通される店内奥のテーブル席とこのカウンター席とでは、席料が違う。

ラ・ブランシェ (La Branche)@中野
ビッシリと貼られたメニュー。

ラ・ブランシェ@中野
「おすすめワイン」。

ラ・ブランシェ (La Branche)@中野
「定番メニュー」。

ラ・ブランシェ (La Branche)@中野
「サラダ」や「魚介」のメニュー。

ラ・ブランシェ (La Branche)@中野
「メインディッシュ」のメニュー。

ラ・ブランシェ (La Branche)@中野
「チーズ」のメニュー。

ラ・ブランシェ (La Branche)@中野
「デザート」のメニュー。

ラ・ブランシェ (La Branche)@中野
夜はちょっぴり高級だけど、味は間違いない。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

ラ・ブランシェ (La Branche)
*********************************
【住所・地図】東京都中野区新井2-30-2
【電話】03-5380-5368
【定休日】日曜
【営業時間】
・11:30-15:00(ランチ)
・11:30-18:00(カフェ)
・18:00-22:00《L.O》(ワインバー)
【アクセス】JR・東西線 中野駅 徒歩7分
別窓 | ラ・ブランシェ@中野 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ラ・ブランシェ (La Branche)@中野(8)
2016-07-21 Thu 20:07
「ラ・ブランシェ (La Branche)@中野」の実食レポート。

1924年(大正13年)創業の「小西酒店」に併設されたワインバー。
現在の店舗は、2002年9月に改装されたもの。
店名のLa Brancheとは、フランス語で「枝」と言う意味。

前回のレポートはコチラ→「ラ・ブランシェ (La Branche)@中野(7)」。


ラ・ブランシェ (La Branche)@中野
中野駅北口より、中野通りと早稲田通りが交わる「新井交差点」を左折。
早稲田通りを高円寺方面に歩いた右側。

ラ・ブランシェ (La Branche)@中野
店頭からは見えない奥の部屋。

ラ・ブランシェ (La Branche)@中野
今回は、「食べるスープランチ/930円」
この日の献立は、
*舞茸と鶏肉のトマトシチュー
*十穀米
*サラダ
*フルーツ

ラ・ブランシェ (La Branche)@中野
「舞茸と鶏肉のトマトシチュー」。
日替わりで、数週間かぶることはない。
どれだけレシピあるの?と驚きを隠せない。

キノコの風味と旨味がよく出ている。
十穀米にシチューを絡めて食べる。
鵜舞~イ。

ラ・ブランシェ (La Branche)@中野
ホタルイカの入ったサラダ。

ラ・ブランシェ (La Branche)@中野
スイカの季節だね。
その他は、オレンジとメロン。

美容と健康にイイネ。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

ラ・ブランシェ (La Branche)
*********************************
【住所】東京都中野区新井2-30-2
【電話】03-5380-5368
【定休日】日曜
【営業時間】
・11:30-15:00(ランチ)
・11:30-18:00(カフェ)
・18:00-22:00《L.O》(ワインバー)
【アクセス】JR・東西線 中野駅 徒歩7分
別窓 | ラ・ブランシェ@中野 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ラ・ブランシェ (La Branche)@中野(7)
2015-12-18 Fri 20:40
「ラ・ブランシェ (La Branche)@中野」の実食レポート。

1924年(大正13年)創業の「小西酒店」に併設されたワインバー。
現在の店舗は、2002年9月に改装されたもの。
店名のLa Brancheとは、フランス語で「枝」と言う意味。

ラ・ブランシェ@中野
中野通りの「新井交差点」を左折。
早稲田通り沿いにある。

ラ・ブランシェ@中野
店内の奥にある部屋は、静かで落ち着いた雰囲気。

ラ・ブランシェ@中野
上を見上げると・・・。
玉ネギか?一輪挿しの花瓶か?

「食べるスープランチ」と称して、平日の毎日、日替り1つのメニューを提供。

ラ・ブランシェ@中野
今回は、食べるスープランチ/930円「しめじの担々スープ・春雨サラダ・香の物・ごはん・フルーツ」。

ラ・ブランシェ@中野
「しめじの担々スープ」。
適度な辛さで、食欲をそそる。

ラ・ブランシェ@中野
シメジやナスなど、具がゴロゴロと入って食べ応え有り。
そして、ヘルシー。

ラ・ブランシェ@中野
「春雨サラダ」。

ラ・ブランシェ@中野
「香の物」。
漬かり具合が最高の漬物。
シャリシャリと瑞々しい。

ラ・ブランシェ@中野
「デザート」。
スイカとメロン、オレンジ。
栄養のバランスの良い食事。

ラ・ブランシェ@中野
このお店で、本場アイルランドの樽詰ギネスが飲めるらしい。
夜のチャージ料がもう少し安ければ、夜の利用頻度も高くなると思う。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

ラ・ブランシェ (La Branche)
*********************************
【住所】東京都中野区新井2-30-2
【電話】03-5380-5368
【定休日】日曜
【営業時間】
・11:30-15:00(ランチ)
・11:30-18:00(カフェ)
・18:00-22:00《L.O》(ワインバー)
【アクセス】JR・東西線 中野駅 徒歩7分
別窓 | ラ・ブランシェ@中野 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| HOME | NEXT