中野駅周辺と中野区内のグルメレポート。居酒屋・ラーメン・カレー・地域情報・・・エトセトラ。
さらしな総本店 南口店@中野
2017-06-17 Sat 22:16
「さらしな総本店 南口店@中野」のレポート。

北海道産の石臼挽粉を使用した打ちたて、茹でたての蕎麦を食べられるお店。

今回は、「店舗紹介編」。

創業者は、蕎麦研究家としても著名な新島 繁さん。
1948年(昭和23年)11月、新宿西口(現在の小田急百貨店)で「郷土そば さらしな」という屋号で創業。
1950年(昭和25年)、「八重洲店(閉店)」オープン。
1957年(昭和32年)、「さらしな総本店 南口店@中野」オープン。
1989年(平成元年)、「さらしな総本店 北口店@中野」オープン。
2000年(平成12年)、「さらしな総本店 田無店@田無」オープン。

1983年(昭和58年)より、二代目新島文一さんが後を継ぐ。

さらしな総本店 南口店@中野
JR中央線の中野駅南口を出て、駅前ロータリーを左手に進む。
「三菱東京UFJ銀行」左横の「中野南口ファミリーロード」を少し進んで、右側にある。

さらしな総本店 南口店@中野
「酒蔵 駒忠」のあるビルの隣。

さらしな総本店 南口店@中野
白を基調とした外装。
店頭に、譜面台に似たものに、パウチされたお品書きが置かれている。

さらしな総本店 南口店@中野
店内は、白とセピア色を基調とした落ち着いた空間。
総席数27席(1F:カウンター7席+テーブル10席/2F:座敷20席)。

さらしな総本店 南口店@中野
カウンター席の前に、製麺室がある。

さらしな総本店 南口店@中野
壁には、江戸時代の蕎麦屋が描かれた絵が貼られている。

さらしな総本店 南口店@中野
「冷たいそば・うどん」のメニュー。
さらしな、二八、田舎の3種類。

さらしな総本店 南口店@中野
「冷たいそば・うどん」のメニュー。
「月変わりそば」をやっているお店は少ない。

さらしな総本店 南口店@中野
「温かいそば・うどん」のメニュー。

「地獄そば」が、人気メニュー。
釜から上げたてのそばを水にさらさず、卵白と温めた汁に入れた「地獄の業」を取るという意味の縁起そば。

さらしな総本店 南口店@中野
「旬の一品料理」。
お酒のお供が色々。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

さらしな総本店 南口店
***************************
【住所・地図】東京都中野区中野2-30-13
【電話】03-3380-4828
【定休日】無休(正月休有)
【営業時間】11:00-21:30
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅南口 徒歩3分
スポンサーサイト
別窓 | さらしな総本店 南口店@中野 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
朝日庵@沼袋(5)
2017-06-16 Fri 22:09
「朝日庵@沼袋」のレポート。
1924年(大正13年)創業の沼袋の日本蕎麦店。

前回のレポートはコチラ→「朝日庵@沼袋(4)」。

朝日庵@沼袋
駅前の踏切のもう一つ先(野方寄り)の踏切の近くにある。
住宅街にポッツンと佇むお店。

朝日庵@沼袋
テーブル席と小上がりのテーブル席で、総席数36席。
ゆったりとした空間。

朝日庵@沼袋
壁に貼られたタレント「毒蝮三太夫」さんの色紙。

朝日庵@沼袋
「ビール(中瓶)/500円」。
柿ピーのおつまみ付き。

朝日庵@沼袋
「そば味噌焼き/460円」。
揚げ蕎麦とキュウリが添えられている。
お蕎麦屋さんでの楽しみは、蕎麦掻きとコレ。
旨くて、へらまでしっかり舐めてしまう。

朝日庵@沼袋
「まぐろの酒盗/430円」。
クリームチーズ付き。
キュウリと揚げ蕎麦もついている。
お酒のお供にピッタリ。

朝日庵@沼袋
「ごま和え/330円」。
野菜を補給。

朝日庵@沼袋
「蕎麦処/530円」。
千葉県香取市佐原の「東薫酒造(創業文政8年)」の日本酒。
スッキリとしていてフルーティ。

朝日庵@沼袋
「もりそば/650円+大盛り/250円」。
〆は大盛りの三段重ね・・・これで決まり。
栃木県那珂川町(旧 馬頭町)の契約農家から仕入れる「八溝そば粉」を主に使用。
時期によって北海道産の「産地限定そば粉」を併用とのこと。

朝日庵@沼袋
節が濃いめのカエシ。

朝日庵@沼袋
トロッとした蕎麦湯。
残った汁に入れて飲む。
最後はコレだね。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

朝日庵
****************************
【住所・地図】東京都中野区沼袋3-7-11
【電話】03-3386-5855
【定休日】火曜
【営業時間】
*11:30-15:00(L.O.14:45)/17:30-20:00(L.O.19:45)
【アクセス】西武新宿線 沼袋駅南口 徒歩3分
別窓 | 朝日庵@沼袋 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
志喜千庵@新中野(3)
2017-06-14 Wed 22:24
「志喜千庵@新中野」のレポート。

1951年(昭和26年)創業。
石臼挽き自家製粉を使用した手打ち蕎麦のお店。

前回のレポートはコチラ→「志喜千庵@新中野(2)」。

志喜千庵@新中野
新中野駅出口2を出ると、目の前が青梅街道。
左手に進んで直ぐ。
マグドナルドの隣。

志喜千庵@新中野
店内は木目調の落ち着いた雰囲気。
総席数52席。
1階は、テーブル24席(2人×4卓、4人×4卓)。
2階は、座敷を含む28席。

志喜千庵@新中野
今回は、「かき揚げ天ざる/950円+大盛り/150円」。
何とかき揚げが2個ついている。

志喜千庵@新中野
玉ねぎとニンジンなどの野菜タップリ、海老もプリプリ。
衣サックリ、ウマウマ。
かき揚げ好きにとって、涙もの。

志喜千庵@新中野
蕎麦は、平打ち。
手切りらしい。
太さが微妙に違う。
温麺と比べて、水で〆られしっかりとした食感。
スルシコ。

志喜千庵@新中野
大盛でなくても多かったみたい。
食べ応え十分。

志喜千庵@新中野
大根おろしもちょこっとついているのが嬉しい。
カエシは甘からず、ほんのり節の風味。

志喜千庵@新中野
蕎麦湯はトロミがあり、残った汁を入れて飲む。

ガッツリ食ったと思える蕎麦屋はなかなか無い。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

志喜千庵
************
【住所・地図】東京都中野区中央4-4-6
【電話番号】03-3381-5363
【定休日】日曜・祝日
【営業時間】11:00-21:00
【アクセス】東京メトロ丸の内線 新中野駅出口2 徒歩30秒
別窓 | 志喜千庵@新中野 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
満るゐ@中野(8)
2017-06-12 Mon 22:28
「満るゐ@中野」の実食レポート。

早稲田通り沿いにある日本蕎麦屋。
1966年4月16日創業。

前回のレポートはコチラ→「満るゐ@中野(7)」。

満るゐ@中野
中野通りと早稲田通りが交わる「新井交差点」から、早稲田通りを右(落合・東中野方面)へ直進。
暫く歩いた左手。

満るゐ@中野
店内は、テーブル26席。
店主さん、生ビールを飲みながら常連さんと談笑。
緩い雰囲気。

満るゐ@中野
「びんビール(大瓶)/645円」。

満るゐ@中野
「お通し」
六甲おろしに、大根おろし・・・意味不明。

満るゐ@中野
「味噌でんがく/430円」。

満るゐ@中野
「肉豆腐/540円」
居酒屋さんのとは違うタイプ。
味付濃いめ醤油味。

満るゐ@中野
「景虎/865円」。
「越乃寒梅」と「雪中梅」が無く涙。

満るゐ@中野
「カツ重セット/970円」。
カツ重じゃなく、カツ丼だよな。
どちらでもいいのだが。

満るゐ@中野
蕎麦は、表面ピカピカでスルスルと啜り心地が良い。
噛んではシコシコ、プラスチッキーな食感。

満るゐ@中野
薬味とカエシ。
私の青春返して。

満るゐ@中野
蕎麦湯-サラリとしていて、上澄みのよう。
個人的には、ドロッとした方が好み。

(*´∀`*)ノ マタネ!

満るゐそば 中野店
*************************
【住所・地図】東京都中野区新井1-6-5
【電話番号】03-3388-2681
【定休日】日曜
【営業時間】
○11:00-21:00(月ー金)
○11:00-19:00(土)
【アクセス】JR中野駅北口 徒歩7分
別窓 | 満るゐ@中野 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
そば処 松屋@中野(6)
2017-06-11 Sun 22:56
「そば処 松屋@中野」のレポート。

「スーパーライフ 中野駅前店」近くの日本蕎麦屋。

前回のレポートはコチラ→「そば処 松屋@中野(5)」。

そば処 松屋@中野
中野駅北口にある「スーパーライフ 中野駅前店」と「第二力酒蔵」の間の道を真っ直ぐ行った場所にある。

そば処 松屋@中野
奥行きのある広々とした空間。
小上がり12席(4人掛け×3卓)、テーブル16席(2人掛け×1卓、10人掛け×1卓、4人掛け×1卓)。

そば処 松屋@中野
「瓶ビール(中瓶)/500円」。
地元のキリンビール。

そば処 松屋@中野
「お通し」。
冷奴。

そば処 松屋@中野
「枝豆/300円」。
豊富な栄養素と二日酔い防止に効果のある食品。

そば処 松屋@中野
「にら玉炒め/400円」。
庶民の味方もやしとニラ、卵の炒めもの。

そば処 松屋@中野
「そば焼酎 峠/500円」。
三百数十年の歴史を持つ長野県佐久市の「橘倉酒造株式会社」の焼酎。
蕎麦やらしく蕎麦湯で割ったもの。
身体が温まるぅ。

そば処 松屋@中野
「そば屋の板ピザ・アンチョビ/450円」。
ミックスピザもある。
そばになる前の生地を使っている。
ガレットのような感じ。
端っこがサクサクとしていて、アンチョビの風味と塩気が最高。

そば処 松屋@中野
冷やしセット「冷きつね+半玉子丼/840円」。

そば処 松屋@中野
半玉丼は、トロッとした玉子と蕎麦屋ならではのカエシの味が美味しい。

そば処 松屋@中野
味の染みた甘いお揚げが素敵。
蕎麦もスルシコで旨い!

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

そば処 松屋
*****************
【住所】東京都中野区中野5-32-20
【電話】03-3387-0567
【定休日】土曜・日曜・祝日
【営業時間】11:00-21:00
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩3分
別窓 | そば処 松屋@中野 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| HOME | NEXT