中野駅周辺と中野区内のグルメレポート。居酒屋・ラーメン・カレー・地域情報・・・エトセトラ。
朝日庵@沼袋(3)
2017-04-10 Mon 22:35
「朝日庵@沼袋」のレポート。

1924年(大正13年)創業の日本蕎麦店。

前回のレポートはコチラ→「朝日庵@沼袋(2)」。
店舗紹介編はコチラ→「朝日庵@沼袋」。

朝日庵@沼袋
駅前の踏切のもう一つ先(野方寄り)の踏切の近く、と言った方が分かりやすい。
住宅街にポッツンと佇む。
沼袋駅を降りて、ここに蕎麦屋があるなんて誰も気づかない場所。

朝日庵@沼袋
総席数36席。
ゆったりとしていて、清潔感溢れる店内。

朝日庵@沼袋
家族経営・・・だと思う。

朝日庵@沼袋
アサヒビール(中瓶)/500円」。
キリンじゃなくて御免(一応中野区民なので、キリンを贔屓にすることにしている)。
柿ピー付き。

朝日庵@沼袋
「手作り さつま揚げ/450円」。
2種類。
さつま揚げは、自家製に限る。
魚の密度感、ふっくら度が市販品とは違う。

朝日庵@沼袋
「ごま和え/330円」。
家庭でも食べられるが、外で飲む時は青物が欲しくなるので。

朝日庵@沼袋
「そば焼酎 玄庵・蕎麦湯割り/450円」。
おつまみ付き。
「アサヒ」から出ているそば焼酎。
またもや「キリン」さん御免!

麒麟の「麒(き)」は♂、「麟(りん)」は♀のこと。
「そーなのー」。

朝日庵@沼袋
「もりそば/650円+大盛り/250円」。
〆は大盛りの三段重ね・・・これで決まり。

朝日庵@沼袋
栃木県那珂川町(旧 馬頭町)の契約農家から仕入れる「八溝そば粉」を主に使用。
時期によって北海道産の「産地限定そば粉」を併用とのこと。

スルシコ蕎麦を節の濃い汁に潜らせて、すすればもう最高!

朝日庵@沼袋
蕎麦湯は、ドロ系。
上澄みとは違い濃厚で美味しい。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

朝日庵
****************************
【住所・地図】東京都中野区沼袋3-7-11
【電話】03-3386-5855
【定休日】火曜
【営業時間】
*11:30-15:00(L.O.14:45)/17:30-20:00(L.O.19:45)
【アクセス】西武新宿線 沼袋駅南口 徒歩3分
スポンサーサイト
別窓 | 朝日庵@沼袋 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
丸福@中野新橋(8)
2017-03-18 Sat 22:01
「丸福@中野新橋」の実食レポート。

1951年4月創業。
中野新橋にある日本蕎麦屋さん。

前回のレポートはコチラ→「丸福@中野新橋(7)」。

丸福@中野新橋
中野新橋駅を出て、右(東大附属方面)へ進む。
「弥生町二丁目交差点」の手前の左手。

「信刕 手打そば 丸福」と看板にある。
「刕」は、 「州」の異体字。

丸福@中野新橋
テーブル30席と、地下には主に宴会場で20席程度の座敷が完備されている。
店内は、盛況。

丸福@中野新橋
今回は、「イカ天もり/850円」。
そばの大盛無料。

丸福@中野新橋
蕎麦殻を挽き込んだ、黒っぽい蕎麦粉を使用。
冷水で締められ、ツルシコの食感。

丸福@中野新橋
汁は、鰹節、みりん、砂糖、醤油の材料のみ。
カエシの角がなく円みがある。
薬味は、小口切りのネギと山葵。

丸福@中野新橋
イカがたっぷり入ったカリッ、サクッのかき揚げ。
ウマいねぇ。

丸福@中野新橋
シラスで覆われたどんぶり飯。
山葵醤油をチラッとかけて、掻き込む。
あぁ、たまらない。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

手打そば 丸福
*****************
【住所・地図】東京都中野区弥生町2-20-7
【電話番号】03-3372-2976
【定休日】無休
【営業時間】11:00-22:00
【アクセス】東京メトロ丸の内線 中野新橋駅 徒歩2分
別窓 | 丸福@中野新橋 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
満るゐ@中野(6)
2017-03-17 Fri 22:25
「満るゐ@中野」の実食レポート。

早稲田通り沿いにある日本蕎麦屋。
1966年4月16日創業。

前回のレポートはコチラ→「満るゐ@中野(5)」。

満るゐ@中野
中野通りと早稲田通りが交わる「新井交差点」から、早稲田通りを右(落合・東中野方面)へ。
暫く歩いた左手。

満るゐ@中野
店内は、テーブル28席ほど。

満るゐ@中野
今回は、「マグロの生姜焼きとアボカドセット/970円」。

満るゐ@中野
更科に近い色白の蕎麦。
スルスルシコシコ。
蕎麦は冷たいのに限る。

満るゐ@中野
薬味と汁。

満るゐ@中野
マグロの生姜焼きは、ご飯がススム君。
アボカドと山葵醤油でマグロ味に。

満るゐ@中野
豆腐と玉葱の味噌汁。
蕎麦屋で満腹感を得るのには、セットもの。

(*´∀`*)ノ マタネ!

満るゐそば 中野店
*************************
【住所・地図】東京都中野区新井1-6-5
【電話番号】03-3388-2681
【定休日】日曜
【営業時間】
○11:00-21:00(月ー金)
○11:00-19:00(土)
【アクセス】JR中野駅北口 徒歩7分
別窓 | 満るゐ@中野 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
藤二郎@野方(3)
2017-03-10 Fri 22:08
「手打ちそば 藤二郎@野方」のレポート。
2012年2月20日創業。
店主は、東京都江戸川区出身の荒井健二さん。
様々なところで、カルチャーの蕎麦打ちの講師をした後、開業。

前回のレポートはコチラ→「藤二郎@野方(2)」。

藤二郎@野方
西武新宿線野方駅北口を出て、「北原商店街」を新青梅街道方面を直進して右側。

藤二郎@野方
総席数20席。
テーブル・・・2人掛け×6卓、4人掛け×2卓。
店主1人で切り盛りをしているが、手際が良い。

藤二郎@野方
今回は、「野菜天せいろそば/930円」。

藤二郎@野方
茨城県常陸太田産の蕎麦粉を使用した二八蕎麦。
蕎麦は若干太めで、固め。
スルスルと啜り心地は良く、心地良い歯触り。
蕎麦の風味が良くて美味しい。
量もタップリ。

藤二郎@野方
そばつゆは、濃いめで少し甘め。
節の風味が心地良い。

藤二郎@野方
天ぷらのネタは、ししとう・サツマイモ・カブ・カボチャ・ピーマン・椎茸・玉ねぎ。
カラッと揚がっていて、サックリとした衣で美味しい。

藤二郎@野方
蕎麦湯は、ドロ系。
こういう濃度大好き。

藤二郎@野方
中野界隈屈指の蕎麦屋さん。
長く続いて欲しいものだが・・・。

(*´∀`*)ノ マタネ!

手打ちそば 藤二郎
************************
【住所・地図】 東京都中野区野方6-8-5
【電話番号】03-3223-4233
【定休日】月曜日(祝日の場合は営業し、翌火曜日代休)
【営業時間】11:00-14:45/17:00-22:00(L.O.21:30)
【アクセス】西武新宿線 野方駅 徒歩2分
別窓 | 藤二郎@野方 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
満るゐ@中野(5)
2017-03-02 Thu 22:11
「満るゐ@中野」の実食レポート。

早稲田通り沿いにある日本蕎麦屋。
1966年4月16日創業。

前回のレポートはコチラ→「満るゐ@中野(4)」。

満るゐ@中野
お店の場所は、中野駅北口より中野通りを直進。
新井交差点に出たら渡り、早稲田通りを右(落合・東中野方面)へ。

満るゐ@中野
店内は、テーブル28席ほど。

満るゐ@中野
今回は、「花マグロセット/970円」。

満るゐ@中野
蕎麦は、更科に近い色白。
水でしっかりと〆られ、スルスルと啜り心地が良い。
シコシコと食感でウマイ。

満るゐ@中野
汁は程良い節の香り。
薬味はおろしとネギ、山葵。

満るゐ@中野
まぐろとサーモン、いくら、大葉、白菜の漬物が載った丼。
豪華なラインナップ。
サーモンといくらが美味しい。

満るゐ@中野
卓上に常備された鶉の卵。
専用のはさみで殻を切り、蕎麦汁と丼に投入。

満るゐ@中野
豆腐と玉葱の味噌汁。
お腹が空いているときには、お得なセットもの。

(*´∀`*)ノ マタネ!

満るゐそば 中野店
*************************
【住所・地図】東京都中野区新井1-6-5
【電話番号】03-3388-2681
【定休日】日曜
【営業時間】
○11:00-21:00(月ー金)
○11:00-19:00(土)
【アクセス】JR中野駅北口 徒歩7分
別窓 | 満るゐ@中野 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| HOME | NEXT