中野駅周辺と中野区内のグルメレポート。居酒屋・ラーメン・カレー・地域情報・・・エトセトラ。
青葉@中野(3)
2015-10-17 Sat 20:02
「青葉@中野」の実食レポート。

1996年10月創業。
店主は、芳賀良則さん。

青葉@中野
中野駅北口より、「中野ふれあいロード」を北進し、左側。
左手「三番街」側に券売機がある。

青葉@中野
L字型カウンター13席。
夕方以降の時間帯は、空いている。
地元民としては、並びの多い昼間は避ける。

青葉@中野
黒いユニホームを着た青年達は、何れ独立するのかしら。
「青葉」で修業した後、独立したという人の話は聞いたことがない。

青葉@中野
今回は、「特製中華そば/900円」。

青葉@中野
スープ表面に鶏油が浮かび、熱々。
豚骨のしっかりとし出汁とジワジワと押し寄せる魚介系出汁の旨み。
バランスの取れた旨みが、ググッと押し寄せる。
ガッツンと来るタイプではなく、しみじみとウマいなぁと思いながら味わうタイプ。

青葉@中野
麺は、中太のストレート麺。
ツルツルとした麺肌で、滑り啜り心地。
モチモチとした食感で美味しい。

青葉@中野
具のチャーシューは、ロース肉が3枚。
引き締まらず、ふっくらとした肉質。
噛むほどにジューシーな肉汁が溢れウマい。

青葉@中野
味玉は、黄身がトロ~と流れる半熟具合。
味が濃くて、美味。

青葉@中野
メンマは、 シャクシャクと柔らかい歯触り。
他の具は、海苔、ナルト、小口切りのネギ。

(*´∀`*)ノ マタネ!

中華そば 青葉 中野本店
******************************
【住所】 東京都中野区中野5-58-1
【電話】03-3388-5552
【定休日】無休
【営業時間】10:30~21:00
【アクセス】JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩5分
スポンサーサイト
別窓 | 青葉@中野 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
青葉@中野駅|ラーメン|中野区
2013-07-15 Mon 11:04
「青葉@中野」の実食レポート。

1996年10月創業。
店主は、芳賀良則さん。

1996年と言えば、「麺屋武蔵」、「くじら軒」など、 その後業界をリードしていく店が相次いで登場した年。
今では当たり前となった「Wスープ」方式を取り入れた先駆けのお店でもある。
「Wスープ」とは、「動物系スープ」と「魚介系スープ」を別々に取り、丼鉢でそれらを合わせるやり方。
今は、別々に取ったスープを一つの寸胴に入れるやり方にしている。

中野駅北口より、「ふれあいロード」を直進した左側の角地にある。
外にある券売機で、食券を購入してから店内に入る。

店内は、L字型カウンター13席。

青葉@中野-特製つけ麺
今回は「特製つけめん(900円)」。

麺は中太のストレート麺。
手揉みが入り、軽くウェーブが付いている。
ツルツルとした表面で、啜り心地が良い。
噛むと張りのあるクキクキとした食感。

つけ汁は、動物系と魚介系のバランスが良く、旨さが満載。
ラーメンとは違い、酸味と七味のピリ辛が効いている。
(*゚Q゚*)ウマーイ!

青葉@中野-特製つけ麺
具のチャーシューは、しっとりとした柔らかさ。
噛むと口の中でとろけるような旨さ。
(*゚Q゚*)ウマーイ!

味玉は、味付も程好く、白身がプルンプルン、黄身がゲル状の半熟具合。
メンマは柔らかく、シャクシャクとした食感。
ナルトとは、モッチリ。
小口切りのネギは清涼感を与える。

麺と具を食べ終わり、スープ割り。
節系の香りがアップ。
噂に違わず、屈指のラーメン店と言われるだけあって満足度も高い。
(*^〇^*)ニコニコ♪


中華そば 青葉 中野本店
「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「
【住所】 東京都中野区中野5-58-1
【電話】03-3388-5552
【定休日】無休
【営業時間】10:30~21:00
【アクセス】JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩5分

↓↓↓お帰りの際は、こちらをポチッとお願いします。アリガトウ!
別窓 | 青葉@中野 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| HOME |