中野駅周辺と中野区内のグルメレポート。居酒屋・ラーメン・カレー・地域情報・・・エトセトラ。
むさしの玉屋@新中野
2015-03-09 Mon 18:37
「むさしの玉屋@新中野」のレポート。

1947年(昭和22年)創業。
鍋横商店街にある和菓子のお店。
店主は、2代目の粟野明さん。

玉屋@新中野
新中野駅3番出口を出て、青梅街道を新宿方面へ歩く。
みずほ銀行先の横断歩道を渡り、右へ直進。
木製の看板と、茶色の暖簾が目印。

玉屋@新中野
「鍋屋横丁」という名は、江戸時代に「鍋屋」という有名な茶屋が通りの入口にあったことから付いた。
杉並区堀ノ内ににある「妙法寺」への参道として栄えたという。
今は、「鍋横」という略称で親しまれている。

玉屋@新中野
店内には、季節の生菓子から進物品までいろいろと取り揃えられている。

玉屋@新中野
「季節の上生菓子」などの和菓子が人気。

玉屋@新中野
玉屋の代表菓は、「鍋横最中」である。
鍋屋横丁という地名より考案されたお鍋型の最中。

玉屋@新中野
「鍋横最中」は中野の逸品グランプリ2008で最優秀逸品賞を受賞している。

玉屋@新中野
「鍋横最中」は、鍋型の皮の中にあんこを入れ、「求肥(ぎゅうひ)」をのせ蓋をするという、鍋そのものの形を模したユニークな最中。
味はこしあん、つぶあん、黒ごまあんの3種類。

玉屋@新中野
今回購入したのは、「こしあん」と「つぶあん」。
1個157円。

玉屋@新中野
「鍋横最中」という文字が、レリーフ状になっている。

玉屋@新中野
パカ!
蓋を開けるとこんな感じ。
皮はサックリ、上品な甘さの餡子。
Σ(´θ`)うめぇ~
求肥が、またイイネ。

ご進物で、人に喜ばれること間違いなし。
ヾ(*´∀`*)ノマタネ

和菓子司 むさしの玉屋
*****************************
【住所】東京都中野区本町4-30-14
【電話】03-3381-7012
【定休日】不定休
【営業時間】9:00-19:30
【アクセス】東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩3分
スポンサーサイト
別窓 | むさしの玉屋@新中野 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| HOME |