中野駅周辺と中野区内のグルメレポート。居酒屋・ラーメン・カレー・地域情報・・・エトセトラ。
いろは亭@中野(2)
2017-05-08 Mon 22:30
「いろは亭」のレポート。

30年以上の歴史をもつ鰻とすっぽん料理のお店。

前回のレポートはコチラ→「いろは亭@中野」。

51iroha05775.jpg
「昭和新道商店街」の中野駅寄りの場所。

いろは亭@中野
お店の間口は狭く、手前にカウンター席、次にテーブル席。
奥に小上がりのテーブル席がある。
総席数40席(公称)。

いろは亭@中野
奥の座敷。

いろは亭@中野
不織布のテーブルクロス。
和の趣のあるプリント柄。

いろは亭@中野
「ビール(中瓶)/550円」。

いろは亭@中野
「お通し/推定440円」。
久々に食べたにこごり。

いろは亭@中野
「骨せんべい」。
串焼コースを頼むと付くサービス品。
パリッとポリポリとおつまみにはぴったり。

いろは亭@中野
「串焼きコース・5串/1200円」。
左より。
①きも
きもの苦味と焼けた香ばしさ。
すっきりしたタレで、いただく。

②ひれ
うなぎで一番脂の乗っている「背ビレ」に大葉をまいて焼いたもの。
うなぎと大葉のバランスは絶妙。

③しろばら
あばら骨の周囲部分。
サクサクした鰻の身で、脂が載っている。

④短尺
一口サイズの鰻蒲焼。
パリっと焼けた皮目たまらない。

⑤レバー
レバーは、1串で15匹分。
いわゆるキモの部分ではなく、鰻の肝臓部分。
プリプリで、レバーよりも柔かく少し癖のある感じ。
噛むと鰻の風味が口に広がる。

いろは亭@中野
「島美人/500円」。
鹿児島県「長島研醸有限会社」の芋焼酎。
オンザロックでいただく。

いろは亭@中野
「う巻き/750円」。
タマゴがフワフワで、上品な味付け。
おろしに醤油をチラっとかけ、玉子にのっけて食べる。
ウマ~い。

どじょうは、本日仕入れたものが大ぶりで固いものなのでお薦めしないとのこと。
次回訪問時に、オーダーすることにしよう。

ヾ(*´∀`*)ノマタネ

いろは亭
************
【住所・地図】東京都中野区中野5-47-4 青潮ビル 1F
【電話】03-3387-4487
【定休日】年末年始
【営業時間】17:00-23:00
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩5分
スポンサーサイト
別窓 | いろは亭@中野 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
いろは亭@中野
2017-03-27 Mon 22:14
「いろは亭」のレポート。

30年以上の歴史をもつ鰻とすっぽん料理のお店。
今回は、「店舗紹介編」。

いろは亭@中野
「昭和新道商店街」の中野駅寄りの場所。
“中野の鰻”といえば、『川二郎』と『味治(みはる)』が有名だが、ここも人気店。

いろは亭@中野
古民家風の店構えと、うなぎと書かれた暖簾が目印。

いろは亭@中野
総席数40席(公称)。
お店の間口は狭い。
正に、鰻の寝床。
カウンター席が手前にあり、奥に小上がりのテーブル席がある。

いろは亭@中野
奥の座敷。
ホール担当の女性がきびきびとした動きで、注文を取る。

いろは亭@中野
「WBC世界バンタム級王者 山中慎介」の色紙が飾られている。

いろは亭@中野
「お飲み物」のメニュー。

いろは亭@中野
「サワー類・その他」のメニュー。

いろは亭@中野
「うなぎ-串焼き・重物」のメニュー。
このお店では、築地の川魚専門の仲卸「小林川魚(かわうお)」から仕入れている。
使う鰻は、愛知県産が主。

いろは亭@中野
「うなぎ-一品料理・丼もの」のメニュー。
鰻は、注文後に料理する。

いろは亭@中野
「一品料理」のメニュー。
焼き鳥、串焼き、どぜう料理、おつまみ等。

いろは亭@中野
「鍋料理」のメニュー。

ヾ(*´∀`*)ノマタネ

いろは亭
************
【住所・地図】東京都中野区中野5-47-4 青潮ビル 1F
【電話】03-3387-4487
【定休日】年末年始
【営業時間】17:00-23:00
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩5分
別窓 | いろは亭@中野 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| HOME |