中野駅周辺と中野区内のグルメレポート。居酒屋・ラーメン・カレー・地域情報・・・エトセトラ。
蔡菜食堂@中野
2017-02-25 Sat 22:15
「蔡菜食堂(サイサイショクドウ)@中野」のレポート。

2005年9月創業の上海家庭料理のお店。

店主は、上海生まれの蔡才生(サイゼイセイ)さん。
蔡さんは1988年、31歳の時に来日した。
銀座の焼き鳥店「銀座バードランド(ミシュラン一つ星☆)」に17年間務めた後、独立。
妻の王梅玉(オウマイヨク)さんと二人で切り盛りをしている。

屋号の「蔡菜食堂」とは、蔡家の家常菜(家庭料理)がいただける気取らない店という意味。
「孤独のグルメお正月スペシャル~井之頭五郎の長い一日(テレビ東京 2017/01/02 放送)」で、紹介された。

蔡菜食堂@中野
中野駅南口より、三菱UFJ信託銀行脇からレンガ坂を上る。
左手一つ目の角を曲がる。
「桃園会館」の角を右に曲がると「豊川稲荷大明神」があり、その隣。
店は丁度「中野マルイ」の裏手辺り。 
オレンジ色の外装が目印。

蔡菜食堂@中野
店内は外観と比べ、やや狭い。
席数も少ないため、満席で入れないことが多い。
総席数テーブル16席 (4人掛け×4卓)。

蔡菜食堂@中野
「お飲み物」のメニュー。

蔡菜食堂@中野
「お食事」のメニュー。

蔡菜食堂@中野
「本日のおすすめ」のメニュー。

蔡菜食堂@中野
「キリンラガー(中瓶)/650円」。
巷では大瓶の価格。

蔡菜食堂@中野
「アンチョビカレーポテトサラダ/550円」。
アンチョビの塩気とカレーのスパイシーな刺激がマッチ。

蔡菜食堂@中野
「焼餃子/500円」。
上海には基本的に「焼く」ものはなく、「蒸し」が主流。
衛生上の理由。
だから餃子はなく、ワンタンが主流。
この餃子は、ワンタンを皮の底を揚げ気味にクリスピーに焼いている。
黒酢醤油をつけて食す。
餡は肉が主体でマイルドな味わい。
一般的な餃子とはちょっと違い、面白い味わい。

蔡菜食堂@中野
「スペアリブの黒酢ソース炒め/1200円」。
このお店の人気メニュー。
骨が多めで、食べられる肉の部分は少なめ。
黒酢のコクと甘辛のタレがスペアリブにしっかり絡まっている。
味付と肉の美味しさの両方がナイスバランス。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

蔡菜食堂
*************
【住所・地図】 東京都中野区中野3-35-2 渡辺ビル 1F
【電話番号】03-5385-6558
【定休日】日曜
【営業時間】17:00-23:00(L.O.22:45)
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅南口 徒歩3分
スポンサーサイト
別窓 | 蔡菜食堂@中野 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
なかの中華 Sai@中野(3)
2017-02-01 Wed 22:52
「なかの中華 Sai@中野」のレポート。

2013年8月8日創業。
「前菜」や「点心」にこだわる中華料理店。
コンセプトは、「いろんな料理を少しずつ」。

オーナーシェフは、宮田俊介さん。
宮田さんは、辻調理師専門学校・辻調理技術研究所を卒業し、銀座や世田谷「火龍園」などのお店で修業。
念願かなって、出身地中野で店を構えた。
奥様の可奈さんは、ホールを担当している。

前回のレポートはコチラ→「Sai@中野(2)」。

なかの中華 Sai@中野
中野駅北口より、中野通りを北へ直進。
「新井交差点」に出たら、早稲田通りを左(西)へ進む。
早稲田通りを挟んで「東京警察病院」の向かいに、このお店がある。

なかの中華 Sai@中野
「nakano chinese Sai」と書かれたシンプルな看板。

なかの中華 Sai@中野
店内に入り直ぐ左手は、ボックス席。
突当りが厨房で、左に曲がるとテーブル席がある。

なかの中華 Sai@中野
総席数28席(カウンター4席、ボックス8席、個室4席、テーブル(4人掛け×3卓)12席。

なかの中華 Sai@中野
「ハウスワイン(白)/ボトル2100円」。
neblina chardonnay (ネブリナ シャルドネ)というチリワイン。
ネット上では、700円前後で買えるワイン。
果実感強めで、爽やかな味わい。

なかの中華 Sai@中野
「Saiサラダ/620円」。
焼売の皮を揚げたようなものが振りかけられている。
このカリカリ感と野菜が合う。
家で試しに、サラダにコーンフレークを散りばめて食べたが、悪くはない。

なかの中華 Sai@中野
「おすすめ蒸し点心盛合わせ(4種)/630円」。
・豚肉入りもち米の団子
・ニラ餃子
・熱々!肉汁たっぷりショーロンポー
・コロコロ豚肉としいたけの焼売
見た目キレイ、包み方キレイ。
1つ1つ丁寧に作られていて、ジューシーで美味しい。

なかの中華 Sai@中野
「うさぎの唐揚げピリ辛炒め/1800円」。
うさぎの肉が珍しいので、奮発して注文。
うさぎちゃんゴメン。

肉は特有の匂いはなく、淡白。
食感は、鶏肉かな。
味付の良さとパクチーの風味で美味しく頂けた。
添えられていた黒と赤の唐辛子を丸ごと食べたら、口から炎が出た。
兎ちゃんの逆襲?

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

なかの中華 Sai
*********************
【住所・地図】東京都中野区野方1-6-1 カサフェリス1F
【電話番号】03-6454-0925
【定休日】月曜日(祝日の場合、翌日火曜)
【営業時間】
*11:30-14:30(L.O.14:00)/17:30-22:00(平日)
*12:00-14:30(L.O.14:00)/17:30-22:00(土日)
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩12分
別窓 | Sai@中野 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
味王@中野(5)
2016-10-26 Wed 23:26
「味王@中野」のレポート。

前回のレポートはコチラ→「味王@中野(4)」。

味王@中野
薬師あいロードの「故宮」が閉店したので、台湾料理といったら味王。
蜆の醤油漬けの「塩蜆(キャムラァ)」が食べられなくなったのが悲しい。
中野駅から、中野ふれあいロードに入って直ぐ左手にある。

味王@中野
総席数50席。
席数があり、ゆったりとした空間なのがイイ。

味王@中野
「グレープフルーツサワー/380円」。

味王@中野
「青椒肉絲/790円+セットメニュー/300円」。
セットメニューにすると、ライス、お新香、スープ、デザートが付く。
いきなり食事かという気もするが、安く、腹を満たすためにはこれが一番。

味王@中野
シャキリとしたピーマンと筍の歯触りがイイね。
味付けも良く、ご飯がススム君。
もちろん、アルコールもススムちゃん。

味王@中野
「幻の露/380円」。
芋焼酎をオンザロックで。
風味を楽しむのには、ロックが一番。
ロックで飲めるようになったのは、大人になった証拠か。

味王@中野
「春巻き/480円」。
パリッとした皮に、ニュルッとした餡が何とも言えぬ。
辛子醤油が合う。
酢をチョコッと入れても、なかなか。

味王@中野
「富士山麓ハイボール/350円」。

味王@中野
「水餃子/480円」。
厚手の皮が、手作り感があるね。
具もタップリで、美味しい。

それにしても、蜆の醤油漬けが喰いてぇ。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

味王 中野店
*****************
【住所】東京都中野区中野5-59-1
【電話】03-5343-2588
【定休日】年中無休
【営業時間】
*11:30-翌1:00(月~木)
*11:30-翌2:00(金・土)
*11:30-翌0:00(日・祝)
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩4分
別窓 | 味王@中野 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
萬来軒@新井薬師前(2)
2016-10-16 Sun 20:55
「萬来軒@新井薬師前」のレポート。

前回のレポートはコチラ→「萬来軒@新井薬師前」。

萬来軒@新井薬師前
新井薬師駅南口から、駅前の通りを中野方面へ直進。
五差路の「薬師あいロード商店街」入口の角から2軒目のお店。

萬来軒@新井薬師前
総席数22(4人掛け×5卓+2人掛け×1卓)。

萬来軒@新井薬師前
今回は、ランチメニューの「麻婆丼/630円」。

萬来軒@新井薬師前
豆腐とひき肉がたっぷり。
唐辛子の辛味は効いているが、花椒の痺れ感はなく、やや甘目。
四川風というよりは、お子様でも大丈夫な麻婆豆腐。
絹ごし豆腐なので、砕けてご飯と混じり合い一体感があり食べやすい。

萬来軒@新井薬師前
サラダとスープ、デザート付き。
スープは、鶏ガラベースの優しい味わい。
杏仁豆腐がついているのが嬉しい。

(*´∀`*)ノ マタネ!

萬来軒
**********
【住所】 東京都中野区新井1-35-12
【電話】03-3388-5326
【定休日】金曜日(8の付く日は営業、振替休日あり)
【営業時間】11:30-22:00
【アクセス】西武新宿線 新井薬師前駅南口 徒歩7分

別窓 | 萬来軒@新井薬師前 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
萬来軒@新井薬師前
2016-10-06 Thu 20:35
「萬来軒@新井薬師前」のレポート。

餃子と酢豚が人気の中華料理店。

萬来軒@新井薬師前
新井薬師駅南口から、駅前の通りを中野方面へ直進。
五差路の「薬師あいロード商店街」入口の角から2軒目のお店。
洋食屋「リッチ」の隣。
中華街にでもありそうな立派な看板が目印。
店頭には、サンプルケースがあり懐かしい。

萬来軒@新井薬師前
「ランチメニュー」として3品を提供。

萬来軒@新井薬師前
店内は、奥が厨房。
左右にテーブル席が配置されている。
総席数22(4人掛け×5卓+2人掛け×1卓)。

萬来軒@新井薬師前
毎月薬師の縁日の日(8日、18日、28日)は、ラーメンと餃子がサービス価格となる。
ラーメン(300円←通常価格/580円)と焼き餃子(280円←通常価格/400円)。

萬来軒@新井薬師前
「グランドメニュー(表)」。

萬来軒@新井薬師前
「グランドメニュー(裏)」。

萬来軒@新井薬師前
今回は、ランチメニューの「海鮮玉子のチリソース丼/740円」。
サラダとスープ、杏仁豆腐付き。

萬来軒@新井薬師前
トロトロの餡とフワフワの玉子。
ご飯と一体となり、美味しい。
具の海老もプリプリ。

(*´∀`*)ノ マタネ!

萬来軒
**********
【住所】 東京都中野区新井1-35-12
【電話】03-3388-5326
【定休日】金曜日(8の付く日は営業、振替休日あり)
【営業時間】11:30-22:00
【アクセス】西武新宿線 新井薬師前駅南口 徒歩7分
別窓 | 萬来軒@新井薬師前 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| HOME | NEXT