中野駅周辺と中野区内のグルメレポート。居酒屋・ラーメン・カレー・地域情報・・・エトセトラ。
くぼ田@西武柳沢
2014-10-02 Thu 20:51
「くぼ田@西武柳沢」の実食レポート。
2004年12月6日創業。

店主の窪田喜行さんは、自作ラーメンの趣味が高じて、開業。
元は、コンピュータ関連の仕事をしていたという。

くぼ田@西武柳沢
西武柳沢駅北口を出て、北方向に進むと、富士街道に出る。
その道を右手(東)へ歩く。
しばらく行くと五差路の「西武柳沢駅東交差点」に出る。
その角に、「庚申堂」があり、左手の路地を進んで右側。

くぼ田@西武柳沢
「ラーメン専門 くぼ田」と書かれた袖看板と白い暖簾が目印。

くぼ田@西武柳沢
築年数が経った民家の1階部分。

扉はアルミサッシの引き戸。

くぼ田@西武柳沢
店内は、カウンター5席のみ。
こじんまりとしてはいるが、整然としている。
手作り感が強く、家庭的な雰囲気。

くぼ田@西武柳沢
今回は、「味玉ラーメン(800円)」。

豚骨・鶏ガラの動物系と、煮干・秋刀魚の焼き干し・秋刀魚の花削り・焼きアゴ・真昆布などの魚介系をブレンドした出汁。
醤油は、「正金醤油」と「丸中醤油」の醤油をブレンドしたものを使用している。

くぼ田@西武柳沢
黄金色の清湯スープ。
スープ表面には、海老油が浮かび、微香性の芳ばしい匂いが鼻をかすめる。

スープを飲むと、滋味深い魚介の味わいが口の中に広がる。
(*゚Q゚*)ウマ!
雑味がなく、スーッと喉元を過ぎる感じ。
そして、醤油の風味とコクが現れる。
後口に、柚子の清涼感が横切る。
(*゚Q゚*)ウマ!(*゚Q゚*)ウマ!

麺は、「三河屋製麺」製の中細のストレート麺。
啜ると、スルスルと軽快に口の中に滑り込む。
噛んでは、パッツンと切れる歯切れの良さ。
Σ(´θ`)うめぇ~

くぼ田@西武柳沢
具のチャーシューはバラ肉で、厚切りで大判。
ソフトな食感で、肉汁がジョワーッと出る。
~( ̄‥ ̄*)ニクマシ シタイワ 

くぼ田@西武柳沢
メンマは細切りで、コリコリとした歯触り。

くぼ田@西武柳沢
味玉は、黄身がトロリとした絶妙な半熟具合。
ネギは、注文を受けてから切るので、爽やかな清涼感のある香り。
他の具は、海苔。

昼営業のみなので、敷居が高い。
でも、わざわざ行く価値のあるお店。
濃厚民族の人は、別の方向に進もう。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

ラーメン専門 くぼ田
*************************
【住所】東京都西東京市保谷町3-8-8
【電話】042-460-7651
【定休日】火曜・水曜
【営業時間】11:30-14:30
【アクセス】西武新宿線 西武柳沢駅 徒歩3分
スポンサーサイト
別窓 | ラーメン|多摩地域(市部) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
宝華@東小金井(2)|ラーメン|小金井市
2013-09-14 Sat 06:18
「宝華@東小金井」の実食レポート。

1971年創業。
油そばの元祖として有名な「珍珍亭@武蔵境」と共に、油そばを世に広めたお店の一つ。

宝華@東小金井-店舗外観
JR東小金井駅南口を出て、左に進んで直ぐの場所にある。
丸井と同じで、駅のそば。
私はあなたのそばがイイ・・・とは誰も言わない。
赤地に黄色文字のデカイひさしが目印。

宝華@東小金井-店内
店内は、カウンター8席、テーブル20席(4席×5卓)。

厨房には店主の小榑務さん他、複数名。

宝華@東小金井-卓上
卓上には、ラー油、醤油、胡椒、酢、楊枝、割り箸など。

宝華@東小金井-チャーシューワンタンメン
今回は「チャーシューワンタンメン(950円)」。

前回は「油そば」を食したので、違ったものを選択。

甲州産地鶏ガラに、煮干し・生姜・長ネギを加えて炊いたスープ。
醤油ダレは、チャーシューを浸した醤油に、北海道産真昆布を加えたもの。

大きめのドンブリ鉢。
透明感のあるスープ。
ヾ(*´∀`*)ノ オイシソー

スープをグビリ。
Σ(´θ`)うめぇ~

鶏出汁の旨味と醤油の芳ばしさが美味く混じり合った美味しさ。
ノスタルジックな想いに浸れる東京ラーメン。

麺は、「草村製麺所」製の中太ストレート麺。
ズルッとすすれば、一口で麺が飛び込んで来る。
モチッとした食感で、スープがよく絡み美味しい。

宝華@東小金井-チャーシューワンタンメン
具のチャーシューは、国産の黒豚を使用したものが3枚。
肉厚で、口の中でホロホロと崩れる柔らかさ。
(*゚Q゚*)ウマ!

ワンタンは、5個。
ピロピロとした口当たり、口の中に入るとトロけてウマい。

ワカメは具としては懐かしい。
刻んだ深谷ネギの風味が清々しい。
メンマは、シャクシャクとした柔らかさ。

食べた後に、口元が綻ぶ美味しさだネ。
(*^〇^*)フゥ♪

中華料理 宝華
「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「
【住所】東京都小金井市東町4-46-12
【電話】042-381-5236
【定休日】月曜
【営業時間】
・11:30-21:30(平日)
・11:30-21:00(土・日・祝)
【アクセス】JR中央線 東小金井駅(南口) 徒歩1分

人気飲食店ブログランキングの順位を確認する

↓↓↓お帰りの際は、こちらをポチッとお願いします。アリガトウ!
別窓 | ラーメン|多摩地域(市部) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
一二三 那由多@吉祥寺|ラーメン|武蔵野市
2013-09-01 Sun 05:07
「一二三 那由多@吉祥寺」実食レポート。

2011年11月7日創業。
吉祥寺の名店「一二三(閉店)」の後継店。

「一二三」は、2011年(平成23年)10月、店主の工藤さんが健康上の理由のため閉店した。
その跡地にお弟子さんが店舗を継承し、開いたお店。

だが・・・、2013年8月、設備老朽化のため閉店。
チャララン、鼻から牛乳。
チャララン、鼻から納豆。

一二三那由多@吉祥寺-店舗外観
「一二三」の時は看板は控えめだったが、「那由多」は置き看板が置かれ目立つ。
煮干しのディスプレーも目を惹く。
でも、排気ガスがかぶりそう。

一二三那由多@吉祥寺-店内
厨房と向き合うカウンター10席。
照明を落とした落ち着いた雰囲気。
ジャズが流れ、ゆったりとした気分に。

一二三那由多@吉祥寺-正油らぁめん
今回は「魚沼産三元豚 正油らぁめん(800円)」。
このメニューは終了し、現在は名称と使う素材が変わっている。
グランドメニューだけは固定した方がイイカモ?

出汁は、豚骨や鶏ガラと、トビウオの煮干し・片口イワシの煮干しなどの魚介系を炊いたもの。
タレは、「正金天然醸造こいくち」「正金二段仕込匠」などの小豆島産の醤油を使用したもの。

陶器の丼鉢がシブイ。

スープを飲むと、昆布の滋味が舌に染み渡り、煮干しの旨味がブワーッと口の中に広がる。
表面に浮かぶ背脂が、スープに甘味とコクを加えている。
動物系のふくよかな旨味に溢れ、優しく穏やかな味わい。
(*゚Q゚*)ウマ!(*゚Q゚*)ウマ!

一二三那由多@吉祥寺-正油らぁめん
麺は中細のストレート麺。
スルスルと口の中に滑り込み、喉越しの良い麺。
コシがあり、歯切れの良さも光る。
Σ(´θ`)うめぇ~

具のチャーシューは、柔らかくジューシー。
ウマい肉だ。
メンマは、柔らかくシャクシャクとした食感。
他の具は、小口切りの青ネギ。

サヨナラダケガ ジンセイダ(_´Д`)ノ~~.。・:*:・゚`☆、。
3代目のジンクスか?

らぁめん 一二三 那由多
「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「
【住所】東京都武蔵野市吉祥寺北町1-10-22 ベルハイム吉祥寺105
【電話】0422-21-0919
【定休日】火曜(不定休有)
【営業時間】
・12:00-15:00/17:00-21:00
・12:00-15:00/17:00-20:00(土日祝)
【アクセス】JR中央線・総武線・東京メトロ東西線・京王井の頭線 吉祥寺駅 徒歩8分

人気飲食店ブログランキングの順位を確認する

↓↓↓お帰りの際は、こちらをポチッとお願いします。アリガトウ!
別窓 | ラーメン|多摩地域(市部) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
宝華@東小金井|ラーメン|小金井市
2013-08-14 Wed 11:53
「宝華@東小金井」の実食レポート。

1971年創業。
油そばの元祖として有名な「珍珍亭@武蔵境」と共に、油そばを世に広めたお店の一つ。
宝華で「油そば」がメニュー化したのは1981年のこと。

宝華@東小金井-店舗外観
JR東小金井駅南口を出て、左に進んで直ぐの場所にある。
赤地に黄色文字のデカイひさしが目印。

宝華@東小金井-店舗外観
サッシの窓から見える店内は、広々としている。
テーブル席が中心のようだ。

宝華@東小金井-店内
店内は、カウンター8席、テーブル20席(4席×5卓)。
白衣を着たスタッフが、無駄のない動きで調理をしている。

宝華@東小金井-メニュー
グランドメニュー。

宝華@東小金井-メニュー
メニューをひっくり返すと、一品物やセットメニューが載っている。
品数豊富ですな。

宝華@東小金井-宝そば
今回は、「宝そば(650円)」。

油そばに使用される油は、「ゲットソース」が製造する菜種油など3種類の油をブレンドしたものを使用。
動物系の脂は使用されないので、ヘルシー。
(*^〇^*)オナカモヘルシー♪

一般的な油そばとの違いは、油だけではない。
麺の下に鶏ガラスープが入れられていること。

宝華@東小金井-宝そば
麺の上には、刻みネギがドッサリ。
それに、カイワレとナルト、チャーシュー、メンマなどの具が載っている。
まずは、よくマゼマゼする。

麺は、「草村製麺所」製の中太のストレート麺。
麺の長さは短く、スルスルとすすれば一気に口の中に入ってくる。
油と鶏ガラスープが麺に吸着し、麺に味がよく絡んでいる。
噛むとムッチリとしている。
(*゚Q゚*)ウマ!(*゚Q゚*)ウマ!

タレの味は、鶏の旨味と塩味。
べチョッとした感じは無く、サッパリとした後味。

具のチャーシューは、柔らかくジューシー。
厚切りのナルトは、モッチリとした食感。
メンマは柔らかく、シャクシャクとした食感。
刻みネギは、油そばに必要不可欠な具。
ネギの清々しさが、油っぽさを感じさせず、飽きをこさせない。

ある程度食べた時点で、ラー油と酢を少量加えて、味変。
これまたウマい。
(*^〇^*)エキカラチカイヨー♪

中華料理 宝華
「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「
【住所】東京都小金井市東町4-46-12
【電話】042-381-5236
【定休日】月曜
【営業時間】
・11:30-21:30(平日)
・11:30-21:00(土・日・祝)
【アクセス】JR中央線 東小金井駅(南口) 徒歩1分

人気飲食店ブログランキングの順位を確認する
別窓 | ラーメン|多摩地域(市部) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
パーミーラーメンセンター@吉祥寺|ラーメン|武蔵野市
2013-07-24 Wed 10:34
「パーミーラーメンセンター@吉祥寺」の実食レポート。

2012年2月16日創業。
店主は、藤間信太郎さん。
藤間さんは同じ場所で約6年間、「タイ屋台料理 KISA(2006年1月6日創業)」を営んでいた。
いわゆる業態を変更してラーメン専門店となった。

パーミーラーメンセンター@吉祥寺-店舗外観
お店の場所は、吉祥寺駅北口を出て、高架線沿いに西荻窪方面へ直進。
シンプルなだけに、逆に目立つ看板が目印。

店名の「パーミー」とは、パーム(椰子・ヤシ)をもじったものでタイらしい。
ラーメンセンターというのも、ちょっと変わっている。

パーミーラーメンセンター@吉祥寺-店内
客席は、コの字型カウンター13席。
板材を多用したゆとりのある空間。

パーミーラーメンセンター@吉祥寺-卓上
卓上には、カイエンペッパー、ラー油、胡椒、酢などの調味料が置かれている。

パーミーラーメンセンター@吉祥寺-特製胡麻そば
今回は「特製塩胡麻そば」。
特製なので、味付玉子・チャーシュー+1枚・海苔+2枚・ネギが増量されている。

パーミーラーメンセンター@吉祥寺-特製胡麻そば
スープは、豚骨を炊いたものに、鯖節・昆布などの魚介類の出汁を加えたもの。
タレは、白醤油と岩塩を配合したものを使用。

最初に胡麻の心地良い風味が鼻孔をすり抜け、続いて動物系と胡麻のコクが口の中に広がる。
マイルドで、優しい味わい。
(*゚Q゚*)ウマ!(*゚Q゚*)ウマ!

パーミーラーメンセンター@吉祥寺-特製胡麻そば
麺は中細のストレート麺。
柔らかめの茹で加減で、ソフトな口当たり。
スープを良く持ち上げ、美味しい。

パーミーラーメンセンター@吉祥寺-特製胡麻そば
具のチャーシューは、バラ肉スライスが2枚。
大判なのが嬉しい。
箸でつかむとホロホロ崩れる柔らかさ。
口の中でトロ~っと溶ける。

パーミーラーメンセンター@吉祥寺-特製胡麻そば
味付玉子は、黄身がトロリとした半熟具合。

パーミーラーメンセンター@吉祥寺-特製胡麻そば
「これは、竹輪ですか?」。
ちくわ(聞くは)、一時の恥。
具としては珍しい。
他の具は、笹切りのネギ、万能ネギ、カイワレ、海苔。

看板メニューの「カレーラーメン」は、何れ食べないと・・・。
期待をもちつつ、店を出る。
(*^〇^*)またね♪

パーミーラーメンセンター@吉祥寺
「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「
【住所】東京都武蔵野市吉祥寺本町1-35-17 吉祥寺ビル1F
【電話】0422-21-9003
【定休日】日曜
【営業時間】12:00-15:00/17:00-21:00
【アクセス】JR中央線・総武線・京王井の頭線 吉祥寺駅 徒歩5分

↓↓↓お帰りの際は、こちらをポチッとお願いします。アリガトウ!
別窓 | ラーメン|多摩地域(市部) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| HOME | NEXT