中野駅周辺と中野区内のグルメレポート。居酒屋・ラーメン・カレー・地域情報・・・エトセトラ。
食堂 七彩@都立家政(1)
2012-05-31 Thu 01:01
「食堂 七彩@都立家政」の実食レポート。

2007年2月27日創業の「麺や 七彩@都立家政」。
その七彩が、2012年5月23日リニューアルオープンしました。

七彩は、「麺匠むさし坊(現・喜楽々)@東川口店」で、メニューの開発や系列店のプロデュースを担当していた同僚の阪田博さんと藤井吉彦さんが独立して開いたお店です。
化学調味料は一切使用しない「MSG FREE(モノ ソデュウム グルタメイト)」のラーメン店としてその名を轟かせました。

「株式会社アール・エー・アール」が運営するお店は、「都立家政店」の他、「東京駅(東京ラーメンストリート)」、「金町製麺」などがあります。

リニューアルした「食堂七彩」では、メニューは2種類のメイン料理(定食)を基本としています。
それも日替りです。
日によっては、ラーメンの提供がない日もありますが、醤油ラーメンは置いています。

食堂七彩@都立家政-店舗外観
お店は、西武新宿線 都立家政駅北口を降りて、1分程の場所にあります。
この通りは、「家政銀座商店街」です。

食堂七彩@都立家政-店舗外観
角度を変えて見るとこんな感じです。

食堂七彩@都立家政-営業時間
新しい暖簾はまだありません。
貼紙が看板代わりです。
営業時間と定休日は、暫定です。
仕込みに時間がかかるので、暫くはこの時間帯だけのようです。

食堂七彩@都立家政-本日のメニュー
本日のメニューです。
毎日変わると言うのが凄いですね。

食堂七彩@都立家政-店内
L字型のカウンター10席は変わっていません。
壁は色を手作業で塗り替えたようです。
以前より、スッキリとした印象です。
厨房には、藤井さんと山下さん。
阪田さんは、店を出たり入ったりと久しぶりにその姿を拝見しました。
メニューを考えるのは、阪田さんの役割のようです。

食堂七彩@都立家政-Aセット
今回は、Aセット(820円)をオーダーしました。
メニューの内容は、担々はるさめ、蕪とディルのサラダ、キャロットラペ、玄米御飯。

食堂七彩@都立家政-玄米御飯
玄米御飯は、硬めと柔らかめを選べます。
今回は、柔らかめにしました。
控えめで上品な味付で、御飯はモチモチとした食感です。
あっさりとしながらも、噛むほどに甘味や旨みが滲み出てきて美味しい。

食堂七彩@都立家政-キャロットラペ
キャロット・ラペ(Carottes Râpées)とは、千切り人参をビネグレット・ドレッシングであえたサラダのこと。
ライトな酸味のある味付と、ニンジンの甘みが調和して美味。
隣は、ヒジキと胡麻を粉末にしたものです。ごはんにかけていただきました。

食堂七彩@都立家政-蕪とディルのサラダ
こちらはカブとディルのサラダです。
ディルとは、地中海沿岸原産のセリ科のハーブです。
あっさりとした味付けで、シャリシャリとした食感です。

食堂七彩@都立家政-担々はるさめ
こちらは、担々はるさめです。
パクチー(コリアンダー)がどっさりのっています。
特有の香りが心地良いですね。
スープは、適度な刺激の中辛です。
まったりとした胡麻ペーストの味と出汁の旨味が席捲します。
ナッツのコリっとした食感もアクセントとしてグーです。
挽肉によるコクもあります。

食堂七彩@都立家政-担々はるさめ
春雨をリフト。
ラーメンフリークとしては、中華麺を所望したいところですが、春雨でも満足できます。
スープの絡みも抜群で、とてもヘルシー。

以前、「麺や 七彩」の多彩なメニューを見て、こういう展開もありそうだなという予感がしました。
やはり、現実になりました。

今後の展開が気になるところであり、楽しみでもあります。

食堂 七彩
**************
【住所】東京都中野区鷺宮3-1-12
【電話】03-3330-9266
【定休日】金・土-暫定
【営業時間】18:00-売り切れ(22:00頃)-暫定
【アクセス】西武新宿線 都立家政駅 徒歩1分

↓↓↓お帰りの際は、こちらをポチッとお願いします。アリガトウ!
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 食堂七彩@都立家政 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ラ・ブランシェ(La Branche)@中野(1) | HOME | 食堂 七彩@都立家政>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| HOME |