中野駅周辺と中野区内のグルメレポート。居酒屋・ラーメン・カレー・地域情報・・・エトセトラ。
茶房 長谷路@長谷寺(奈良県)
2017-04-15 Sat 22:35
「茶房 長谷路@長谷寺(奈良県)」のレポート。
長谷寺への参道沿いにあり、2000年(平成12年)文化庁登録文化財に指定された大広間で食事ができるお店。
店主は、山田幸夫さん。

茶房 長谷路@長谷寺(奈良県)
長谷寺駅から長谷寺に向かう参道を歩いて左手にある。
旧伊勢街道宿場町にあり、歴史のある家屋をそのまま飲食店に転用。
主屋は1812年(文化9年)に竣工、茶房座敷などは1912年(明治45/大正元年)-1925年(大正14年)に増築したもの。
左側に店を構える「山田酒店」が主屋。

茶房 長谷路@長谷寺(奈良県)
2000年(平成12年)12月4日、国土の歴史的景観に寄与しているものとして、併設する酒店(主屋)とともに6棟の建造物が「山田酒店(茶房長谷路)」の名称で国登録有形文化財に登録された。

茶房 長谷路@長谷寺(奈良県)
庭園がお見事。
泉水に飛び石のように浮かぶ岩の橋を渡って、奥に進む。

茶房 長谷路@長谷寺(奈良県)
総席数40席。
平成12年に文化庁登録文化財指定の、約20名程収容できる大広間。
版画館も併設されており、棟方志巧や谷中安規、大野隆司などの版画が展示されている。

茶房 長谷路@長谷寺(奈良県)
「お食事」のメニュー。
そばに柿の葉寿司が2個付いているものが基本。

茶房 長谷路@長谷寺(奈良県)
「お飲み物」のメニュー。

茶房 長谷路@長谷寺(奈良県)
今回は、「山菜そばセット/1150円(税込)」。
使用する水は、250年も湧き続けるおいしい井戸水を使用している。

茶房 長谷路@長谷寺(奈良県)
山菜どっさり。
しっかりとした出汁にゆずの香りが加わって、爽やか。
ほんのりと醤油が浮かび上がり、上品な味わい。
蕎麦は柔らかめの茹で加減で、喉越しが良い。

茶房 長谷路@長谷寺(奈良県)
柿の葉寿司は、鯖と鮭。

茶房 長谷路@長谷寺(奈良県)
酸味と甘みが良いバランスで融合。
魚よりも、酢飯の美味しさが際立つ。
蕎麦と合わせて食べるのには、ちょうど良い。

茶房 長谷路@長谷寺(奈良県)
長谷寺参詣の前後に、ひと休みするのに適している。
中庭の風景を楽しみながら、ゆっくりと時間を過ごすのが楽しい。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

茶房 長谷路
****************
【住所・住所】奈良県桜井市初瀬857
【電話】0744-47-7047
【定休日】夏期・冬期のみ水曜日(4月・5月・11月は無休)
【営業時間】10:00-17:00
【アクセス】近鉄大阪線 長谷寺駅 徒歩10分
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | カフェ・カフェバー|東京都/全国 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<寿し政@沼袋 | HOME | 桃太郎すし 中野店@東中野(2)>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| HOME |