中野駅周辺と中野区内のグルメレポート。居酒屋・ラーメン・カレー・地域情報・・・エトセトラ。
アチャラナータ@中野(5)
2017-07-15 Sat 22:47
「アチャラナータ@中野」のレポート。

2013年5月20日創業。
オーナーは、これまで南インド料理やスリランカ料理に携わってきた馬渕雅博さん。
店名の「アチャラナータ」とは、サンスクリット語で「不動明王」を指す。

前回のレポートはコチラ→「アチャラナータ@中野(4)」。

アチャラナータ@中野
JR中央線の中野駅南口を出て、駅前ロータリーを左手に進む。
「三菱東京UFJ銀行」左横の「中野南口ファミリーロード」を進んで、左側。
置き看板が目印。

店主の肖像が描かれた看板。

アチャラナータ@中野
総席数は、テーブル14席前後。

アチャラナータ@中野
整然とした店内には、スリランカに関連した壁飾りが貼られている。

アチャラナータ@中野
「ガネーシャ神が描かれたタペストリー。
智慧と富をもたらす『象頭神』で、ネズミの上に載っている。

アチャラナータ@中野
今回は、「スリランカ ワンプレートランチ(800円)」。
カレーは、ポークかチキンを選択。
でもって、「チキン」をチョイス。
ライスを挟んで、左側が「チキンカレー」、右側が「豆カレー」。
奥より、「パパダム(せんべい状のもの)」、「ソヤミート」、「ライス」、「モルディヴフィッシュ ポル・サンボール」、「グリーンバナナカレー」。

アチャラナータ@中野
「チキンカレー」。
ブラウン色のポークカレーと違い、チキンは黄土色。
マイルドな味わいとスパイシーな味わいが混在し、ウマい。

アチャラナータ@中野
「グリーンバナナカレー」。
生食用ではなく、料理用のバナナを使ったカレー。
芋のような食感。

右は、「豆カレー」。
お子様でも大丈夫な甘めのカレー。

アチャラナータ@中野
「パパダム(せんべい状のもの)」と「ソヤミート」。
パパダムはカリッとしていて、スナック感覚で食べる。

ソヤミートは、大豆でありながら肉の食感。

アチャラナータ@中野
デザートの「ミーキリ」。
「ミーキリ」は、水牛の乳で作ったヨーグルトに、キトゥルという木の花からとれる蜜をかけたもの。
ヨーグルトに、椰子の花の蜜の香ばしい甘さがピッタリ。

アチャラナータ@中野
「キリテ-/200円」は、チャイと同じ。
甘く、飲むとホッとする。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

アチャラナータ
*******************
【住所・地図】東京都中野区中野2-27-14 丸萬ビル 3F
【電話】03-3381-3128
【定休日】火曜・水曜
【営業時間】11:30-14:30/18:00-21:00(L.O.)
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅南口 徒歩3分
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | アチャラナータ@中野 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<金龍門@中野 | HOME | 桃太郎すし 中野店@東中野(6)>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| HOME |