中野駅周辺と中野区内のグルメレポート。居酒屋・ラーメン・カレー・地域情報・・・エトセトラ。
まつや@新中野|日本蕎麦|中野区
2013-05-13 Mon 20:54
「手打そば まつや@新中野」の実食レポート。

2000年(平成12年)創業。
1884年(明治17年)創業の老舗「神田まつや」の暖簾分け。
兄が本店を継ぎ、弟のご主人が新中野で開業。

まつや@新中野-店舗外観
新中野駅を出て、青梅街道を渡ったところにある「鍋谷横丁」の一角にある。
木製の看板と麻の暖簾が目印。

まつや@新中野-置き看板
店頭の置き看板。
その横に、お昼のサービスメニューが書かれた紙が貼られている。

下記の通り。
①ちらし(そば・うどん)900円
②車えび天南ばん(そば・うどん)950円
③車えび天せいろう(そば・うどん)950円
④鴨なんばん(そば・うどん)1000円
⑤鴨せいろう(そば・うどん)1000円
それに、「ミニまぐろ丼」又は、「そば団子」が付く。

まつや@新中野-店内
店内は、テーブル20席 (4人掛×2、2人掛×6)。
奥が厨房。
天井には、竹があしらわれオシャレな和の空間。
壁には、坂本九、植木等、山本富士子など著名人の色紙が飾られている。

まつや@新中野-お品書
壁に貼られたお品書。
肴のメニューもあり、日本酒の銘酒「菊正宗」、「想天坊」、「久保田」、「司牡丹」、蕎麦焼酎の「峠」なども取り揃えている。

まつや@新中野-ちらしそば
今回は、お昼のサービスメニュー「ちらしそば+そば団子(900円)」。

ちらしそばは、冷しにの蕎麦に多彩な具が載ったメニュー。

具は、小海老天ぷら、アスパラ天、胡瓜、プチトマト、油揚げ、貝割れ、錦糸玉子、おろし、花かつお、海苔、大葉。

まつやの蕎麦は、つなぎに卵を使っている。

まつや@新中野-ちらしそば
ワサビは、「神田まつや」と同様でついていない。
欲しければ、その旨を伝えればつけてくれる。

蕎麦は、薄いグレーがかった色合い。
スルスルっと啜りやすく、喉越しが良い。
コシがあり、ゴツゴツとしたしっかりとした食感。
蕎麦の風味も香る。

汁は鰹出汁が効いた辛口。

具のてんぷらは、衣がサクサクとしていて美味しい。
お揚げは、たっぷり汁が含まれていてジューシー。
野菜もたっぷりでヘルシー。

まつや@新中野-そば団子
最後に、「そば団子」を食す。
そば団子は、きな粉とその上に黒蜜がかけられたもの。
モチモチとしていて、ウマい。

量的に満足感を得たい場合は、「ミニまぐろ丼」を選択すべし。
デザートとしては、「そば団子」が珍しくお薦め。
質・量・価格的にも、良心的。
酒党にも嬉しいお店。

手打そば まつや
「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「
【住所】東京都中野区本町4-38-26
【電話】03-3381-2470
【定休日】日曜
【営業時間】
○11:30-14:30/17:30-21:30
【アクセス】東京メトロ丸の内線 新中野駅 徒歩5分

↓↓↓お帰りの際は、こちらをポチッとお願いします。アリガトウ!
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | まつや@新中野 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<麺好@中野富士見町(4)|ラーメン|中野区 | HOME | お志ど里@江古田|居酒屋|練馬区>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| HOME |