中野駅周辺と中野区内のグルメレポート。居酒屋・ラーメン・カレー・地域情報・・・エトセトラ。
バール・コングレッソ@中野セントラルパーク
2013-07-11 Thu 00:46
「バール・コングレッソ 中野セントラルパーク」の実食レポート。

2012年10月5日オープン。
総合コンベンション企業「株式会社コングレ」がプロデュースしたお店。

コンセプトは、「“いかによい時間をクォリティのよいサービスで実現するか”である。気持ちよいおもてなしの心と時間を提案する」とのこと。

コングレッソ@中野セントラルパーク-店舗外観
「中野セントラルパーク サウス」2階にある。
ヨーロッパのホテルにあるラウンジみたい。
店の前に立つとスタッフがお出迎え。
オープン時の夜は、ギターの生演奏をしていた。

コングレッソ@中野セントラルパーク-店内
店内の総席数は、76席。
壁はレンガ、天井には天然木を配し、床は総フローリング。
リゾート感あふれる優雅 なインテリアとなっている。
入って直ぐの場所が、仕切りのある細長いカウンター席。
北側の窓際にはテーブル席が用意されている。

コングレッソ@中野セントラルパーク-店内
こちらは、厨房付近。
若いスタッフのみ。

コングレッソ@中野セントラルパーク-店内
窓際のテーブル席からは、目の前に広がる「中野四季の森公園」を眺めながら、食事が出来る。

コングレッソ@中野セントラルパーク-店内
窓の外に、ベランダの客席が幾つかあり、奥には白いソファー席が置かれている。
夏場に涼みながら、優雅にお酒を飲んでみたいものである。

コングレッソ@中野セントラルパーク-サラダ
今回は「(マレーシアチキン)カレーセット(1000円)」。
カレー単品だと800円。
ドリンクは、コーヒー・カプチーノ・カフェオレ・紅茶・フレッシュジュース(オレンジ・グレープフルーツ)より選べる。

最初に、サラダ。
リーフレタスを酸味のあるサッパリとしたドレッシングで頂く。

コングレッソ@中野セントラルパーク-カレーセット
続いて、「カレー」が差し出される。
このお店のカレーは、「マレーシアチキンカレー」とのこと。
お初ですな。
「マレーシアチキンカレー」とは、カレー粉とチリペッパーとココナッツミルクで作るマレーシアのカレー。
ジャガイモと玉ねぎと鶏肉のシンプルなカレー。

コングレッソ@中野セントラルパーク-カレーセット
インドカリーともタイカレーともちょっと違う。
もちろん日本のカレーとも違う。
ココナッツミルクが入っているので、刺激は然程強くない。
スパイシーだが、マイルドな味わいのカレーだ。

コングレッソ@中野セントラルパーク-カレーセット
具は鶏肉と玉ねぎ。
玉ネギの甘みが滲み出ていて美味しい。
ゴロっとした塊の鶏肉もウマい。

コングレッソ@中野セントラルパーク-コーヒー
食後のホットコーヒー。
収穫して1年以内の新鮮な新豆を採用し、特別にブレンドした「コングレッソ」自慢のコーヒー。

芳醇な香りと味わい深いコク。
イイね。
口の中に残るホロ苦さも心地が良い。

テーブルで支払を済ませ、スタッフが出口までお見送り。
リッチな気分で店を出た。
(*^〇^*)ニコニコ♪

BAR CONGRESSO(バール・コングレッソ)
「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「
【住所】東京都中野区中野4-10-2 中野セントラルパーク サウス 2F
【電話】03-3319-8181
【定休日】不定休(中野セントラルパークに準ずる)
【営業時間】
・モーニング・08:00-11:00
・ランチ・・・11:00-14:00
・ティー・・・14:00-17:00
・ディナー・・17:00-23:30(L.O 23:00)
【アクセス】JR・東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩5分

↓↓↓お帰りの際は、こちらをポチッとお願いします。アリガトウ!
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ▶中野セントラルパーク | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<パン工房 ベルベ@中野セントラルパーク | HOME | 食堂七彩@都立家政(8)>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| HOME |