中野駅周辺と中野区内のグルメレポート。居酒屋・ラーメン・カレー・地域情報・・・エトセトラ。
東京駅 斑鳩|東京ラーメンストリート
2013-07-22 Mon 05:03
「東京駅 斑鳩@東京ラーメンストリート」の実食レポート。

2011年4月8日オープン。
名店「九段斑鳩@九段下(2000年4月19日創業)」の初の支店。
店主は、坂井保臣さん。
坂井さんはアパレル出身で、独自のラーメンスタイルを築いた。

東京駅 斑鳩-店舗外観
東京駅の地下にあるショッピングモールは、どこも賑わっている。
ちょっと食事を、と思っても行列は覚悟しなければならない。
とりわけ、「東京ラーメンストリート」は凄い。

東京駅 斑鳩-メニュー
本店である「九段斑鳩」も何度も足を運んだこともある。
メニューが豊富なお店ではあるが、このお店ではメニューを絞って提供している。

東京駅 斑鳩-店内
店内は、照明を落とした落ちついた空間。
中間仕切りのカウンター14席、テーブル10席(2人席×1+4人席×2)。
切り子のグラスが綺麗。

東京駅 斑鳩-豚骨魚介東京駅らー麺
今回は「豚骨魚介東京駅らー麺(980円)」。
本店とは手法を変え、動物系2種と魚介系1種のトリプルスープ。

茶濁色のスープの上に、バラ肉ロールのチャーシューと極太メンマが鎮座している。
スープは濃厚で、トロミがある。
湯気からは、魚介の風味が香り立つ。
お腹が、グーッと鳴るね。
スープを飲むと豚骨ベースの濃厚なるコクが口の中一杯に広がる。
続いて、魚介の旨味がジワジワと押し寄せる。
(*゚Q゚*)ウマーイ!

濃厚なる味わいであるが、後口はスッキリ。
グイグイ飲めてしまう。

麺は中細のストレート麺。
スルスルと啜り心地が良く、噛んではシコシコと歯触りの良い麺。

東京駅 斑鳩-豚骨魚介東京駅らー麺
大ぶりのバラチャーシューは、ソフトで口の中でトロケル感じでウマい。

極太のメンマは上質の穂先。
シャクシャクと柔らかくて美味しい。
味付け玉子は、適度な味付けで、黄身がトロ~リとした半熟具合。
あられは芳ばしさとサクサクとした食感が楽しい。
他の具は、海苔2枚、ナルト、刻みネギ。

夢中で食べて、サックリと完食。
(*^〇^*)ニコニコ♪


東京駅 斑鳩
「「「「「「「「「「「「「「「「
【住所】東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街 B1F 東京ラーメンストリート
【電話】03-3286-3586
【定休日】無休
【営業時間】10:30-23:00(L.O.22:30)
【アクセス】JR東京駅 八重洲南口改札口地下 徒歩2分

↓↓↓お帰りの際は、こちらをポチッとお願いします。アリガトウ!
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ラーメン|東京23区 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<車屋別館@新宿(5)|和食|新宿区 | HOME | 丹華麗@中野|創作料理|中野区>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| HOME |