中野駅周辺と中野区内のグルメレポート。居酒屋・ラーメン・カレー・地域情報・・・エトセトラ。
蓮玉庵@上野御徒町
2012-02-04 Sat 17:18
「蓮玉庵(れんぎょくあん)」の実食レポート。

安政6年(1859年)創業。
屋号の由来は、創業者の窪田八十八(信州出身)が不忍池を眺め、蓮の葉の上にまろぶ玉のような露にちなみ「蓮玉庵」と名付けた。
元は不忍池の傍にあったものが、昭和29年(1954年)に今の場所に移った。

森鴎外の「雁」や坪内逍遙、樋口一葉ら、明治の文豪作品にも当店は登場している。
また、斎藤茂吉が「池之端の蓮玉庵に吾も入りつ上野公園に行く道すがら」と短歌に読んでいる。
比較的最近では、池波正太郎がよく利用していた。

蓮玉庵-店舗外観
蓮玉庵は、歓楽街の仲町通り沿いにあり、その一角に異質にも映るのが、この古風なる店構え。
老舗の「池の端 藪蕎麦」もこの並びにあります。

店頭に掛けられた石額は、先代と親交の厚かった久保田万太郎氏に依るものだそうです。

蓮玉庵-店内
店内は予想外にもモダンな造り。テーブル28席。

蓮玉庵-蕎麦猪口
蕎麦猪口が陳列されています。古伊万里でしょうか。
代々使われていたものでしょうかね。

山芋そば-蓮玉庵
本日は、「山芋そば」840円。
「まあ、かわいらしい丼鉢だこと、オホホホホォ。」
蕎麦粉は、妙高高原の「霧下」を使っています。
蕎麦の色は白っぽく、食感はボソッとした感じです。
コシがあるというのか、固めの茹で加減です。
蕎麦の風味はさほど強くなく、パッツンと切れる歯切れの良さはありません。

蕎麦ツユは、辛口です。江戸風と言う感じですね。
蓮玉庵では、カエシは作らず、出汁にカエシの材料を入れて作る。
だから、節系の強さと言うよりは、醤油の輪郭がはっきりとしているように感じます。

蕎麦湯-蓮玉庵
蕎麦湯はドロドロタイプではなく、サラリとしています。
蕎麦湯を入れると、ほのかに鰹節の風味が鼻腔をすり抜けます。

このお店では、蕎麦の風味を楽しんでもらうために、お茶を出さないようにしています。
・・・ということで、お茶代わりに蕎麦湯を全部飲んで、お口直しをしました。

ご馳走さま。サラバジャマイカ。

****************************************
上野 蓮玉庵
【所在地】東京都台東区上野2-8-7
【電話】03-3835-1594
【定休日】月曜
【営業時間】11:30-15:30/17:00-19:30
【最寄駅】
 〇都営大江戸線 上野御徒町駅 徒歩5分
 〇東京メトロ日比谷線 仲御徒町駅 徒歩5分

↓↓↓お帰りの際は、こちらをポチッとお願いします。アリガトウ!
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 蕎麦|東京都/全国 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ボングー@中野 | HOME | 中野ウロコ本店@中野>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| HOME |