中野駅周辺と中野区内のグルメレポート。居酒屋・ラーメン・カレー・地域情報・・・エトセトラ。
河野@中村橋|ラーメン|練馬区
2013-08-04 Sun 08:03
「河野@中村橋」の実食レポート。

2010年3月25日創業。
店主は、河野三英さん。
「ひるがお」、「麺や七彩@都立家政」などで修業をした後、独立。
七彩では、製麺を担当していた。

出身店と同様に化学調味料を使用しない。

河野@中村橋-店舗外観
西武池袋線の中村橋駅北口を出て、中杉通りを直進。
この道の先には、「西武新宿線 鷺宮駅」「JR阿佐ヶ谷駅」がある。

民家を改装したような造り。
白い大きな暖簾が目印。

この2階で、店主は毎日麺を打っている。
店主の好きなミュージシャンは「ゆず」。
だから、収集したCDは誰にも譲(ゆず)らない。

河野@中村橋-担々麺
今回は、「担々麺(920円)」。

スープの色は、真っ赤な灼熱の色。
(*゚Q゚*)カラソー!
ラー油の下には、白濁した乳白色のスープが潜んでいる。
仕上げに、たっぷりの花椒(ホアジャオ)が振られている。
花椒とは、中国の山椒のこと。
覚えにくかったら、「オヤジアホ」の反対読みと覚えればよい。

まずは、スープをグビリ。
辛さは適度。
胡麻の風味がハンパない。
濃厚な練りゴマの風味とコクが口の中を席捲する。
ベースの動物系と魚介系出汁の旨味が下支えとなっている。
(*゚Q゚*)ウマ!(*゚Q゚*)ウマ!

辛味と痺れ感が心地良く、旨味のあるスープが優しくそれらを包み込む。
味わい深く、ついついレンゲを運ぶ回数が増えていく。

麺は平打ちの太縮れ麺。
手揉みが入り、ボコボコとした麺。

不規則なねじれがスープをよく拾い上げ、すすった時にピロピロと唇に触れる感じがたまらない。
噛んでは、モッチリとした食感。
(*゚Q゚*)ウマい!

河野@中村橋-担々麺
具の肉味噌がタップリ入っていて、スープと混じり合うと深いコクを生み出す。
トッピングされた干し海老の甲殻類の風味、砕かれたカシューナッツの芳ばしさも一役買っている。
彩り鮮やかな小松菜は、良い箸休め。
麺が何と言っても強烈な個性。
他では味わえないオンリーワン。
(*^〇^*)パォーン♪

麺や 河野
「「「「「「「「「「「「「
【住所】東京都練馬区中村3-13-10
【電話】非公開
【定休日】月曜の夜+火曜
【営業時間】
○11:30-14:00/17:00-21:30
○11:30-14:00(月曜)
【アクセス】西武池袋線 中村橋駅 徒歩5分

人気飲食店ブログランキングの順位を確認する

↓↓↓お帰りの際は、こちらをポチッとお願いします。アリガトウ!
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ラーメン|東京23区 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<くろ喜@秋葉原・浅草橋|ラーメン|千代田区 | HOME | サンマリノ@中野駅|洋食|中野区>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| HOME |