中野駅周辺と中野区内のグルメレポート。居酒屋・ラーメン・カレー・地域情報・・・エトセトラ。
紬麦@秋葉原|ラーメン|千代田区
2013-09-26 Thu 06:42
「紬麦@秋葉原」の実食レポート。
2010年12月15日創業。

店名は、「麦を紡いで、独自の麺を作り出す」に由来する。
国産小麦(香川県産さぬきの夢100%)を使用した自家製麺が自慢のお店。


店主の板倉功太さんは、ラーメン好きが高じて、脱サラをしてこのお店を開業。
無修業、独学で味を確立。

紬麦@秋葉原-置き看板
JR秋葉原駅昭和通り口を出て、高架下の「昭和通り」を横断する。
高架沿いを右折して、直ぐ。

この置き看板が、唯一の手掛かり。

紬麦@秋葉原-階段
雑居ビルの地下飲食街にある。
階段を下り、「味の地下街」へ。

紬麦@秋葉原-飲食街
奥の方に見える。

紬麦@秋葉原-店舗外観
到着。入口横の券売機で、食券を購入し店内へ。

紬麦@秋葉原-店内
カウンター7席、テーブル5席(1人掛け×1卓、2人掛け×2卓)。

紬麦@秋葉原-つむぎラーメン
今回は「つむぎラーメン(850円)」+だし味玉子(100円)。

通常のラーメンに、炒めたネギとラー油、ごま油を加えたメニュー。

スープ表面に、香味油が浮かぶ。
胡麻の芳ばしい香りが漂う。
~( ̄‥ ̄*)イイカオリダス

魚介の効いたスープに、甘辛い味がプラス。
ラー油による辛味が舌を刺激し、鶏や魚介の旨味が後からじんわりとやってくる。
(*゚Q゚*)ウマ!(*゚Q゚*)ウマ!

麺は、自家製の中太ストレート麺。
表面が艶やかで、絹のような舌触り。
噛みしめると芳醇なる小麦の風味。
Σ(´θ`)うめぇ~

噛むほどに甘味が出て来る高水準の麺。

紬麦@秋葉原-つむぎラーメン
具のチャーシューは、ロース肉。
大ぶりで、提供直前にバーナーで炙りを入れているので香ばしい。
口の中でホロホロと崩れ、肉汁がジュワーッと出て来てウマい。

メンマは、平たい形状でシャクシャクとした食感。
味玉は、黄身がトロリとした絶妙な半熟具合。

炒めたネギは、たっぷり入り、とても柔らく甘味が出ていて美味しい。
ほうれん草も多め。
他の具は、刻みネギ。

ヾ(*´∀`*)ノ メンガサイコー!

らーめん紬麦
:::::::::::::::::
【住所】東京都千代田区神田平河町1 第三東ビルB1F
【電話】非公開
【定休日】日曜
【営業時間】
・11:30-14:15/18:00-20:00
・11:30-15:00(土曜)
【アクセス】
・JR山手線 秋葉原駅(昭和通り口) 徒歩3分

人気飲食店ブログランキングの順位を確認する
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ラーメン|東京23区 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<サンメリー@中野(2)|パン屋|中野サンモール | HOME | 車屋別館@新宿(6)|和食|新宿区>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| HOME |