中野駅周辺と中野区内のグルメレポート。居酒屋・ラーメン・カレー・地域情報・・・エトセトラ。
Kaeru(カエル)@中野|ラーメン|中野区
2013-11-09 Sat 06:58
「Kaeru(カエル)@中野」の実食レポート。

2009年9月27日創業。
「ぽっぽっ屋」出身の海野一貴さんが店主。
ラーメン二郎インスパイア系のお店。

kaeru(カエル)@中野-店舗外観
「カエル」と「帰る(お客がまた戻ってくる)」を引っ掛けた店名。

kaeru(カエル)@中野-店舗外観
中野駅北口の「サンモール」と「ふれあいロード」をつなぐ「狸小路」という路地にある。

kaeru(カエル)@中野-店内
店内に入り、左側に券売機。
L字型カウンター8席。
無料トッピングなるサービスもある。

おーっと、生卵の無料トッピングがあった。
味玉をつけずに、生卵をもらえば良かったかも。

kaeru(カエル)@中野-味玉らーめん
今回は「味たまらーめん(800円)」。
トッピングは、“ヤサイマシ”をお願いする。

どーんともやしの山。
Q:「なぜ、あなたはエベレストを目指すのか」
A:ジロリアン「そこに山があるから(Because it is there. )」

まずは、頂上から攻めなければならない。
茹でもやしをパクパクと。
~( ̄‥ ̄*)ナンコウフラクノ ヤマネ

「二郎はラーメンに有らず。二郎という食べ物である。」
~( ̄‥ ̄*)ナルホド・・・ヘラナイナ

(*゚Q゚*)オッ!スープガミエテキタ

ゲンコツと背ガラ、鶏モミジ等の動物系を主体としたスープ。
醤油は、「カネシ醤油」の緑ラベル。

立った感じの醤油に、背脂の甘みが溶け出し、全体としては円みのある味わい。
ニンニクの風味が、口一杯に広がり、食欲をそそる。

麺は、「浅草開化楼」製の極太縮れ麺。
すするのに苦労をするゴワゴワとした麺。
小麦がギュッと詰まった密度が高く、弾力性がある。
口の中に押し込み、野菜と一緒にワッシワッシと食す。

kaeru(カエル)@中野-味玉らーめん

野菜は大半がもやし。
キャベツと微塵切りの玉ねぎはほんの少し。
シャキシャキ感を残した半生状態で、スープとの相性がバッチリ。

チャーシューは、バラ肉。
柔らかく口溶け感が良く、噛むとジューシー。
味玉は、味付がしっかりとしていて、黄身がジュレ状の半熟具合。

二郎直系ではないが、二郎ライクなラーメンを堪能。
身体に元気が欲しい時に、無性に食べたくなるのがこのラーメン。

(*^〇^*)マタネー♪

らーめん Kaeru
::::::::::::::::::::
【住所】東京都中野区中野5-56-11
【電話】03-5380-5910
【定休日】月曜
【営業時間】11:00-23:00
【アクセス】JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅南口 徒歩5分
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ▶ラーメン【中野区】 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<茨城マルシェ@有楽町・銀座(2) | HOME | さぼうる2@神保町(3)|洋食|千代田区>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| HOME |