中野駅周辺と中野区内のグルメレポート。居酒屋・ラーメン・カレー・地域情報・・・エトセトラ。
進化@新中野駅(6)|ラーメン|中野区
2014-01-19 Sun 20:45
「進化@新中野」の実食レポート。

2012年2月25日オープン。
「町田汁場 しおらーめん 進化(2007年10月19日創業)」の2号店。
6回目の訪問。

進化@新中野
2014年1月26日(日)をもって、「中野店」は閉店とのこと。

進化@新中野
オープン時以外は行列ができることはなかったが、このように並びがある時も・・・稀に。

進化@新中野
ぎっしり入らないことが、食べ手には、ゆっくりと食べることができる空間だったのだが。
お店としては、まずい訳で・・・。

進化@新中野
「うちのラーメンは塩だから」。
ということもないだろうが、今回の限定は塩。

進化@新中野
「しおらーめんと鶏塩飯のセット(950円)」。

「甲州地鶏の香りを生かし、丸鶏と鶏肉の旨みを凝縮させた中野店オリジナル。渾身の一杯をお楽しみください。」とのこと。

進化@新中野
透明感のあるスープ。
鶏の脂がキラキラと光る。

塩梅は程よく、アッサリとしていながら、鶏の旨みに溢れたスープ。
(*゚Q゚*)ウマ!(*゚Q゚*)ウマ!

飲むほどに旨みが冴えわたる。

進化@新中野
麺は、中細のストレート麺。
すすると一気に口の中に飛び込んでくる軽快さ。
噛んでは、滑らかで、噛むほどに小麦の甘みが出てくる。

進化@新中野
鶏チャーシューが、2枚。
レアな感じだが、ふっくらと仕上がっている。
鶏の甘みを上手に引き出していて、味わい深い。

進化@新中野
メンマは、細切りでコリコリとした食感。
他の具は、小葱。

進化@新中野
「鶏塩飯」。

蒸し鶏に、塩ダレ、レモン、胡椒で味を整えたサッパリとした味付け。
半分はそのまま食べ、その後、ラーメンスープを注ぎ食す。

サラサラっと完食。
〆の雑炊風ってとてもイケる。
(*^〇^*)マタネー♪

中野汁場 進化
::::::::::::::::::
【住所】東京都中野区本町4-30-11 アーク新中野102
【電話】03-6382-8184
【定休日】火曜(祝日の場合はその翌日)
【営業時間】11:30-15:00/18:00-21:00
【アクセス】東京メトロ丸の内線 新中野駅 徒歩4分
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ▶ラーメン【中野区】 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<たなかや@中野(4)|居酒屋| | HOME | 食堂七彩@都立家政(14)>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| HOME |