中野駅周辺と中野区内のグルメレポート。居酒屋・ラーメン・カレー・地域情報・・・エトセトラ。
弥彦@幡ヶ谷
2012-03-23 Fri 20:29
「弥彦@幡ヶ谷」の実食レポート。
「我武者羅@幡ヶ谷」のセカンドブランド(2007年7月7日OPEN)。

月曜は、「どっかん」として“燕三条背脂煮干醤油”。
火・水・木・金曜は、「我武者羅」として“長岡生姜醤油”。
土・日曜は、「弥彦」として“巻町 割スープ付濃厚味噌”。

いわば、新潟県の3つのご当地ラーメンをそれぞれの曜日毎に提供しています。

今回の「弥彦」は“潟濃厚味噌ラーメン”をメニューに掲げ、我武者羅の休業日の土・日曜に営業しています。

弥彦の外観
お店の場所は、京王新線・幡ヶ谷駅北口を出て、目の前にある甲州街道を左手新宿方面に歩きます。
約3分程です。
写真は、新宿方面から撮ったものです。

弥彦の暖簾
ブランド名の「弥彦」は、新潟県西蒲原郡“弥彦村”からきています。

剛麺+味玉-弥彦@幡ヶ谷
「新潟濃厚味噌ラーメン」は、濃厚な味噌ラーメンに、割りスープが付くのが特徴。
今回注文したのは、「越後味噌剛麺(濃厚味噌らあめん)800円+半熟味玉100円」。

トレーに載って登場。
「つけ麺たのんだっけ?」と一瞬思いましたが、つけ汁に見えるのが、割りスープなのね。
そうそう、スープが濃いので、割りスープを入れて好みの濃さに調整します。
お口直しの生姜付き。

まずスープを・・・ん!。レンゲがデカッ!!
(゚Д゚)ゴルァ! スープ飲みにくいんじゃないかい。
そうです。日本一(たぶん)でっかいレンゲです。

越後味噌など4種類の味噌をブレンドした味噌ダレ。
それに新潟特産の香辛料「かんずり」を合わせています。

背脂が溶け込んだドロッとしたスープ。
確かに濃厚だが、塩辛くはありません。
コクの深い味噌味に、かんずりの辛みが加わり後を引きます。
ウマッ!

豚骨2番出汁の割りスープを入れると味変効果。
ウマッ!馬!

麺は濃厚スープに合わせた極太麺。
ぶっといので、ワイルドな感じですすります。
噛を立てると押し返す弾力感があって、噛めばモッチリとした食感で美味しい。

具の白菜やニラは生です。
この生野菜が、濃いスープの後味をリセットしてくれます。
肉は角煮で、トロトロとしたお肉でとてもジューシー。
味玉は、味付けも良くトロリとした半熟具合。
他の具は、フライドガーリック、糸唐辛子、ニンニクの芽です。

野菜たっぷりでとてもヘルシー、ガッツリ食べてお腹満杯!
ご馳走さま~♪

他には、流麺(つけめん)800円、激麺(カレーらあめん)850円、楽麺(カレーつけめん)850円などがあります。次回は何を食べようか、迷いますなぁ。

新潟濃厚味噌 弥彦
***************************
【住所】東京都渋谷区幡ヶ谷2-1-5 弓ビル1F
【電話】03-6772-7200
【定休日】月・火・水・木・金
【営業時間】
 ○11:30-15:00/18:00-23:00(土曜)
 ○11:30-15:00/18:00-21:00(日曜)
【アクセス】京王新線 幡ヶ谷駅 徒歩3分

↓↓↓お帰りの際は、こちらをポチッとお願いします。アリガトウ!
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ラーメン|東京23区 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<昭和メロディアスナイト♪第3幕 | HOME | サウナ ノーベル@中野>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| HOME |