中野駅周辺と中野区内のグルメレポート。居酒屋・ラーメン・カレー・地域情報・・・エトセトラ。
やまぐち@西早稲田・高田馬場(2)
2014-08-20 Wed 04:58
「らぁ麺 やまぐち@高田馬場」の実食レポート。

2013年1月8日創業。
店主の山口裕史さんは、自作の趣味が高じて専門店を開業。

「第2回ラーメントライアウト」で準優勝し、同施設に2007年10月4日「麺屋にゃみ」を出店。
その後、「麺創研かなで@府中(2008年10月10日創業)」を経て独立。

やまぐち@西早稲田
高田馬場駅より、早稲田通りを東へ直進。
明治通りを越して、早稲田駅方面へさらに進む。
木製の看板が目印。

やまぐち@西早稲田
ブラウンと白を基調とした落ち着いた空間。
コの字型カウンター11席で、奥の方に厨房がある。

やまぐち@西早稲田
今回は「鶏そば+ロースト豚丼セット(1000円)」。

やまぐち@西早稲田
スープ表面に、「吉備黄金鶏」の鶏油が浮かび、黄金色に輝いている。

やまぐち@西早稲田
深い鶏の旨みとコク、それとキレのある醤油の味が何とも言えない。
(*゚Q゚*)ウマ!

雑味がなく、上品な出汁の旨みと生醤油の芳ばしさが、体に染みていくような感じがする。
洗練されていて、素直にウマいと言える美味しさ。
~( ̄‥ ̄*) シミジミ

やまぐち@西早稲田
麺は、「麺屋棣鄂」製の中細のストレート麺。
滑らかな口当たりで、スルスルと啜り心地が良い。
しなやかで、喉越しが最高。
Σ(´θ`)うめぇ~

やまぐち@西早稲田
具のチャーシューは、胸肉を使用した鶏チャーシュー。
タレに漬け込み、注文ごとに葛粉をまぶしもの。
葛のトロンとした口当たりが印象的で、スープの味が絡んでいる。

やまぐち@西早稲田
メンマは、極太。
通常太いと繊維質が気になるところだが、柔らかい。
ザックリとした食感で心地よい。

他の具は、白髪ネギとカイワレ。

やまぐち@西早稲田
「ロースト豚丼」。
ラーメンの方が鶏チャーシューだったので、こちらで豚肉を楽しむ。
薄くスライスした肩ロースのチャーシューが載せられ、その上に醤油ダレとブラックペッパーがかけられている。
チャーシューは適度な噛み応えを残したもの。
タレとブラックペッパーの刺激で、ご飯がススム。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

らぁ麺 やまぐち
*******************
【住所】東京都新宿区西早稲田2-11-13 山武ビル1F
【電話】03-3204-5120
【定休日】月曜(祝日の場合、翌日)
【営業時間】
・11:30-15:00/17:30-21:00(平日)
・11:30-17:00(日・祝)
【アクセス】
・東京メトロ副都心線 西早稲田駅出入口1 徒歩9分
・東京メトロ東西線・JR 高田馬場駅7番出口 徒歩9分
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ラーメン|東京23区 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ラ・ブランシェ@中野(6) | HOME | なかの中華 Sai@中野 >>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| HOME |