中野駅周辺と中野区内のグルメレポート。居酒屋・ラーメン・カレー・地域情報・・・エトセトラ。
三獣使@上井草
2012-03-29 Thu 05:15
「三獣使@上井草」のレポート。

2011年4月9日創業のラーメン店です。

店主の高橋幸博さんは、元々はイタリアン出身。
以前は、三鷹で「新源地(2007年10月創業)」という屋号のラーメン店を営業していました。
駅から離れた不便な場所にありながら、様々なメディアに取り上げられた人気店でした。
それが、諸事情により高橋さんの地元の上井草に移転オープン。

新しい屋号の「三獣使」とは、「鶏」「豚」「牛」の3つのスープを使い分ける、という意味です。
つまり、『曜日でスープが変わる店』なのです。
凄いですね。

暖簾-三獣使@上井草
お店の場所は、上井草駅より北に直進して3分位歩いた右側にあります。
ラーメン屋さんに見えないスタイリッシュな外観です。

入口に赤地に「鶏」の白抜き文字が入っている暖簾が掛けられています。
水曜、土曜が「鶏」スープの日なのです。

券売機-三獣使@上井草
店内は広々とした空間。厨房も客席もゆったりとしています。
入口左横に、券売機があります。

鶏つけめん-三獣使@上井草
今回は、「鶏つけめん」+半熟味付け玉子。

麺は「三河屋製麺」製の中太の平打ちストレート麺。
表面が艶々としていて張りがあります。
噛むとパッツンと弾ける歯切れの良さ。
噛みしめる毎に、小麦の甘みが出てきて美味しい。

つけ汁は、鶏ガラとモミジで取ったスープと煮干出汁を合わせています。
汁はどちらかと言えばドロ系ではなく、シャバ系です。
鶏の旨みが濃縮されていて、深いコクがありますね。

具のブロックチャーシューは、ソフトな食感で肉の旨みに溢れています。
メンマは拍子木状のごっついものですが、とても柔らかい。
半熟味付け玉子は、白身にほど良い味付けが施され、黄身がトロリと流れ出る半熟具合。
他の具は刻みネギと海苔。

麺を食べ終えた後に、スープ割りをお願いします。
鶏の風味とコクを感じさせ、最後の一滴まで美味しくいただけます。

店主さんは“動物系素材を自由に操る使い手”・・・という印象。
実は高橋さん、ドルチェも得意なんですね。
これ以上メニューは広げられそうもないので、もう口にすることはできないと思いますが・・・。

表情には出しませんが、内に秘めたラーメンへの情熱は凄いものを感じさせます。
ご馳走さま。

らーめん三獣使
**********************
【住所】東京都練馬区下石神井4-12-10
【電話】03-6915-9130
【定休日】月曜
【営業時間】
 ○12:00-14:00/18:00-23:00(平日)
 ○12:00-14:00/18:00-21:00(日曜・祝日)
【アクセス】西武新宿線 上井草駅 徒歩3分

↓↓↓お帰りの際は、こちらをポチッとお願いします。アリガトウ!
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ラーメン|東京23区 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<蓮玉庵@上野広小路 | HOME | パパブブレ@中野・新井薬師前>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| HOME |