中野駅周辺と中野区内のグルメレポート。居酒屋・ラーメン・カレー・地域情報・・・エトセトラ。
ツバメおこわ@高円寺
2015-04-10 Fri 06:10
「ツバメおこわ@高円寺」の実食レポート。
2013年11月22日創業。
フォーや生春巻きとならぶポピュラーな食べもの「ベトナムおこわ」を専門とした食堂。

店主は、平野さやかさん。
平野さんは、外国語大学ベトナム学科を卒業後、現地で翻訳の仕事につく。
現地で沢山のベトナム料理を食べ歩く中で、ベトナムおこわと出会った。
このお店を始める前には、現地で4か月の修業をし、開業に備えたという。

ツバメおこわ@高円寺
場所は、高円寺北口にある「高円寺あづま通り商店街」。

ツバメおこわ@高円寺
店頭にある看板。
店名の「ツバメ」は、ベトナム語で「イェン」。
つまり、お金の「円」と一緒の発音で、益鳥であり、「福」がありそうなので命名とのこと。

ツバメおこわ@高円寺
こじんまりとした店内だが、落ち着く雰囲気。
テーブル10席 (2人掛け×5卓)。

ツバメおこわ@高円寺
味わい深い木製家具が並び、ベトナム関係の本も色々と置かれている。

ツバメおこわ@高円寺
店内の様子。

今回は、「蓮の実おこわ(730円)」。
+スープ・デザート・ドリンク(450円)」。

ツバメおこわ@高円寺
スープは、カインチュア (Canh chua) 。
カインチュアとはベトナム南部のメコンデルタ地域の特色あるスープ。
タマリンドというトロピカルフルーツを効かせた酸っぱくて、甘辛い味付け。
鶏肉のつみれと春雨、フライドオニオン、パクチー等が入っている。
素材の旨みが滲み出たあっさりとした味わい。
(*゚Q゚*)ウマ!

ツバメおこわ@高円寺
「蓮の実おこわ」。
ベトナムなます付き。

ツバメおこわ@高円寺
インディカ米のもち米を使用し、蓮の実をメインに、豚ひき肉や干しえび、きくらげ、レンコンなどの多彩な具材。
蓮の葉で具材を包み、蒸し上げている。
上にはチャーボン(ベトナム版デンブ)とパクチーが盛り付けられている。
チャーボンとは、鶏肉や豚肉を、細くきって、ニュクマム(魚醤)で味付したもの。
蓮の葉は、レンコン生産量日本一を誇る茨城県土浦のレンコン農家のものを使用。

ツバメおこわ@高円寺
日本のお米と違い、ライトなモチモチ感。
香草が効いているのかなと思いきや優しい味わい。
蓮の実は、ホクホクとした食感。
Σ(´θ`)うめぇ~

付け合わせの紅白の「ベトナム風なます」が良い箸休め。

ツバメおこわ@高円寺
デザートの「ココナッツゼリー」。

ゼラチンではなく、アガー(カラギーナンとローカストビーンガムなどを混合したもの)。
食感は寒天のような感じ。

ツバメおこわ@高円寺
ドリンクは数種類から選べる。
今回は、ベトナムミルクコーヒーを選択。
上のフィルターでコーヒーが濾されて、下に落ちるドリップ方式。
そして、上ブタを皿変わりにして、フィルターを脇に置く。

ツバメおこわ@高円寺
「ベトナムミルクコーヒー」。
コーヒーカップの中には、あらかじめ練乳が入っているのがベトナム式。
掻き混ぜて飲むと、甘目の味わい。
~( ̄‥ ̄*)サプライズ

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

ツバメおこわ
****************
【住所】東京都杉並区高円寺北2-39-15
【電話】03-6321-3207
【定休日】水曜
【営業時間】11:30-21:00
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 高円寺駅北口 徒歩6分
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ベトナム料理|東京都/全国 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ゆらり(悠楽里)@新中野(5) | HOME | おでん 万喜@中野>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| HOME |