中野駅周辺と中野区内のグルメレポート。居酒屋・ラーメン・カレー・地域情報・・・エトセトラ。
味治@中野
2012-04-14 Sat 18:39
「うなぎ蒲焼 味治@中野」の実食レポート。

1968年(昭和43年)創業の「川二郎@中野」が、2008年12月に新たに出したお店。
「川二郎」は、鰻の串焼き等でお馴染みの名店。
漫画「美味んぼ」でも紹介されたことがあります。

主人の鈴木正治さんは、「お昼から気軽にうな丼やうな重などが食べられるように」とこの店を出しました。
「川二郎」の方は、甥御さんに任せています。

味治@中野-店舗外観
お店の場所は、昭和新道の南端(中野駅寄り)にあります。

味治@中野-暖簾
店先には大きな紫色の暖簾が下がっています。その右の小窓から、ご主人が鰻を焼いているのが見えます。

味治@中野-額
暖簾の横に額が掛けられています。
「美味しんぼ」に掲載された漫画の一部分が額に収められています。

味治@中野-店内
店内に入ると、手前にカウンター10席、奥にテーブル8席(4人掛け×2卓)があります。
満席ではありませんが、賑わっています。

味治@中野-店内
奥に見えるのが御主人の鈴木正治さんです。
刈り上げた頭に、ねじり鉢巻き姿・・・粋ですねェ。
カウンター席でも、目の前に人が立っていないので、落ち着きます。

味治@中野-卓上
卓上には、醤油、タレ、山椒、七味が置かれています。

味治@中野-メニュー
メニューは、こんな感じ。
「鰻の燻製」は、“中野の逸品グランプリ2010年”で最優秀逸品賞にも選ばれています。
人気メニューです。
串焼きは、迷ったら「一通り」をお願いすると良いと思います。

味治@中野-メニュー
こちらはお酒のメニューです。

味治@中野-お通し
お通しは、さつま揚げなどの煮物。
味が染みています。

味治@中野-鰻串焼き一通り
こちらは、「鰻串焼き一通り(1100円)」。
左から、「えり焼き」「きも焼き」「八幡焼き」「短冊」。

「えり焼」は、鰻の首の周りの肉を集めて串刺ししたもので、通常「かぶと焼」と言われているものです。
コリコリとした部分と柔らかい部分が混在し、その食感を楽しみます。
「きも焼」は、鰻の胃・腸・腎臓などの内臓を焼いたものです。かすかな苦味とコリコリとしたとした小気味よい食感でオイC。
「八幡焼き」は、「八幡巻き」ではないので、ねぎまと言ったところでしょうか。
「短冊」は、身の部分を串刺しにしたものです。

味治@中野-うな丼
こちらは「うな丼(1200円)」です。
白焼きにしたものを蒸して、付け焼きにしています。
身は柔らかく、ふっくら。箸がすっと入ります。
口の中に入れた瞬間、身がフワッとします。
芳ばしい香りが鼻腔をすり抜け、鰻の甘みが口の中に広がります。
タレは市販品のようなベタベタして甘ったるいものではなく、キリッとしていてグー。

味治@中野-お吸い物
うな重だと肝吸いですが、こちらはお吸い物です。

スーパーなどで売っているものとは、雲泥の差ですね。
いやー美味しかった。
ご馳走さま。

鰻 味治(みはる)
**********************
【住所】東京都中野区中野5-57-10
【電話】03-6677-1990
【定休日】日曜
【営業時間】12:00-14:00/17:00-21:00
【アクセス】JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅 徒歩7分

↓↓↓お帰りの際は、こちらをポチッとお願いします。アリガトウ!
スポンサーサイト
別窓 | 味治@中野 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<六代目けいすけ@湯島・上野広小路 | HOME | ラーメン凪 特級中華そば 西新宿店>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| HOME |