中野駅周辺と中野区内のグルメレポート。居酒屋・ラーメン・カレー・地域情報・・・エトセトラ。
高円寺麦酒工房@高円寺(2)
2015-07-20 Mon 13:13
「高円寺麦酒工房@高円寺」のレポート。
今回は、「実食編」。
2010年12月25日創業。

支店は、
「阿佐ヶ谷麦酒工房(2012年7月14日Open)」、
「荻窪ビール工房(2013年9月1日Open)」、
中野ビール工房(2014年5月25日Open)」、
「西荻ビール工房(2015年3月19日Open)」。

日本ではまだ珍しいBREWPUB(ブルーパブ=併設の醸造所で造ったビールを提供するお店)。
「流通には向かない、出来たてこそ美味しいビール」を目指しています。 」とのこと。

高円寺麦酒工房
民家のリビングで、ホームパーティーをやっているように映る。
本当にお店かな?と思ってしまう。

高円寺麦酒工房
置き看板が一つ。
これが目印。

高円寺麦酒工房
総席数-33席 (カウンター7席、テーブル22席、小上がり3席、予備席。)

高円寺麦酒工房
キャッシュオンデリバリー制なので、席を確保した後、オーダーをしに行く。

高円寺麦酒工房
「ブロンド(410円)/税込価格」。
英国産大麦とスロベニア産スティリアンゴルディン種ホップを使用。
ブロンドだけど、ライトな色合い。
細かい泡が、口当たりを良くしている。
ほのかにスパイシー。

高円寺麦酒工房
「特撰ザワークラウト(380円)」。
爽やかな酸味が、心地よい。
ドイツのおつまみ。

高円寺麦酒工房
「ホワイト(560円)」。
ドイツ産の小麦を50%使用。
苦味が少なく、フルーティー。
泡が口の周りにつき、白いひげになる。

高円寺麦酒工房
「フィッシュ&チップス(670円)」。
イギリスのおつまみ。
ポテトと白身魚のフライと、タルタルソースが良く合う。

高円寺麦酒工房
「クリーム(560円)」。
ドイツ産・カナダ産のホップを使用。
フルーティー。

高円寺麦酒工房
泡が大粒。
ライトで、グビグビと飲める。

ビールって本当にウマいなと実感できる。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ

高円寺麦酒工房
*********************
【住所】東京都杉並区高円寺北2-24-8
【電話】03-5373-5301
【定休日】月・火曜
【営業時間】
*17:00-22:30・・・水~金
*12:00-20:30・・・土・日・祝
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 高円寺駅北口 徒歩5分
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 居酒屋|東京都/全国 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<アチャラナータ@中野(3) | HOME | 高円寺麦酒工房@高円寺>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| HOME |