中野駅周辺と中野区内のグルメレポート。居酒屋・ラーメン・カレー・地域情報・・・エトセトラ。
等々力渓谷
2015-09-20 Sun 20:26
「等々力渓谷」のレポート。
等々力渓谷は、桜の名勝として知られ、都内に残る数少ない渓谷。
この渓谷は、大量の湧き水が大地を侵食してできたもの。
武蔵野台地の南端に位置し、長さは約1㎞ある。

等々力渓谷
等々力駅を降りると、駅周辺には、食事処がない雰囲気。
近くには、民家を改装した「中華料理 ざいもく家」があるにはあるが・・・。
別の場所で食事を済ませて正解!

直進し、「成城石井」を曲がると直ぐ。
「等々力渓谷と周辺の案内図」が立っている。

等々力渓谷
ゴルフ橋入り口の階段を下りると、下流に向かい遊歩道が伸びている。

等々力渓谷
谷沢橋に架かる「ゴルフ橋」。
ゴルフ橋は、昭和初期にあったゴルフ場(1939年/昭和14年に閉鎖)に行く人達の為に作られたことから命名された。

等々力渓谷
木々に風がそよぎ、川のせせらぎの音が心を癒してくれる。
都会とは思えない光景。

等々力渓谷
渓谷を流れるのは「谷沢川」。
谷沢川は、世田谷区内の湧水に端を発し、世田谷南西部を流れて多摩川に注ぐ全長約3.8㎞の川。

等々力渓谷
「等々力渓谷第3号横穴古墳」。
矢沢川にかかる橋を渡り、斜面を上がると、古墳時代後期から奈良時代(7世紀後半~8世紀)のものと推定される横穴式古墳がある。

横穴は、「おうけつ」と読む。
奈良時代に造られるようになった有力農民の墓だそうで、完全な形で残っているのは、現在この3号のみ。
1973年(昭和48年)に発見されたもので、奥行きが13mある内部からは土器などの副葬品と共に、3体の人骨が出土している。

等々力渓谷
「等々力稲荷堂・不動の滝」
椎児大師堂を出て橋を渡ると、稲荷堂と不動の滝がある。
等々力の地名の由来は、この不動の滝の落ちる音があたり一帯に轟(とどろ)いていたからだという説もある。

等々力渓谷
「椎児大師堂」。
渓谷の流れに沿って更に歩いていくと、道が二股に分かれている。
その分かれ道を右に行くと、「椎児大師堂」がある。
稚児大師像とは、弘法大師・空海の幼児期の姿。

等々力渓谷
渓谷の終盤に現れる「日本庭園の歌舞伎門」。

入園料無料で公開されている小さな日本庭園。
1973年(昭和48年)に作園されたもので、渓谷の崖地を巧みに利用してつくられている。

等々力渓谷
竹林の中に築かれた石段で上っていく途中、見つけたみかん。

等々力渓谷
さらに上っていくと、芝生の「広場」に出る。
近隣に住む人であろうか、日陰で休んでいる。

等々力渓谷
「野毛大塚古墳」
庭園を出て、住宅街へ。
環状8号線に出て暫く歩いて行くと、間もなく目前に見えてきた「玉川野毛町公園」。
その一角に、「野毛大塚古墳」がある。

帆立貝式の前方後円墳で、5世紀前半につくられたものとされている。
階段で頂上に向かう。
古墳上部には、石棺の配置や出土品などが図説されている。
古墳上部からの見晴らしは最高。

この後、来た道を戻り、「等々力駅」まで歩く。
この時期、蚊が百万石。
虫よけスプレーが必要だった。

等々力渓谷
****************
【住所】世田谷区等々力1-22、2-37~38
【管理】玉川公園管理事務所
【電話】03-3704-4972
【アクセス】東急大井町線 等々力駅 徒歩3分
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 東京の名所 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<あむごん@沼袋 | HOME | シャリデス@中野>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| HOME |