中野駅周辺と中野区内のグルメレポート。居酒屋・ラーメン・カレー・地域情報・・・エトセトラ。
美酒嘉肴 ゆきみさけ@中野(4)
2016-02-07 Sun 06:59
「ゆきみさけ@中野」のレポート。

2011年10月創業。
女将の手料理と福島のお酒が楽しめるお店。
女将の地元・福島県「若清水酒造」の都内ではレアなお酒が揃っている。

美酒嘉肴 ゆきみさけ@中野
中野ブロードウェイ入口右脇の「白線通り」沿いにある。
担々麺の「ほおずき」の右手の階段を上って、2階へ。

美酒嘉肴 ゆきみさけ@中野
店主の「ゆきさん」は、福島石川郡平田村出身。
屋号の由来は、「雪見酒」ではなく、「ゆきさんを見ながら、客は酒を飲む」といったニュアンスより。

美酒嘉肴 ゆきみさけ@中野
L字型カウンター9席とテーブル8席。
BGMのモダンなジャズが流れ、間接照明の落ち着いた空間。
スレンダーな姐さんが一人で切り盛りをしている。

美酒嘉肴 ゆきみさけ@中野
カウンター上部には、大皿に載ったおばんざいが、勢揃い。
お通しは、この中から一つ選ぶ(300円)。
以降は、一皿350円でオーダーできる。

美酒嘉肴 ゆきみさけ@中野
「グレープフルーツサワー/400円」。
先ずは喉を潤す為に、サワーを。

美酒嘉肴 ゆきみさけ@中野
お通しの「たけのこ煮/300円」。
上品な味付けで、ウマい。

美酒嘉肴 ゆきみさけ@中野
「がんもと厚揚げ煮/350円」。
噛むと旨味汁が、口の中でジワジワと広がる。

美酒嘉肴 ゆきみさけ@中野
「四季の花/800円」。
1751年(宝暦元年)創業の若清水酒造の日本酒。
四季の花は、創業時から使われていたという銘柄。
熟成感あるまったりとした味わい。

美酒嘉肴 ゆきみさけ@中野
「真たらの白子ぽん酢/1000円」。
冬はやっぱこれだなぁ。
鍋にもイイよね。
見た目でダメな人もいるようで。

美酒嘉肴 ゆきみさけ@中野
「海藻サラダ/500円」。
ヘルシー。
髪の毛が増えるかも。お願い。

美酒嘉肴 ゆきみさけ@中野
「小野こまち/850円」。
秋田県醗酵工業株式会社製の日本酒。

秋田県産「あきたこまち」「美山錦」を原料に使用したお酒。
酸味と旨味が調和した、キレの良い後味。
1.5合分あるのが嬉しい。
最近1合ではなく、1合より量の少ない勺(しゃく)で出す店もある。
本当に、癪(しゃく)に障(さわ)るんだから。

美酒嘉肴 ゆきみさけ@中野
「サービス品」。
ゆきさんの心づくしの品。
ありがとう。

美酒嘉肴 ゆきみさけ@中野
「サービス品/2回目」。
お酒もう一杯頼めってか。
そんなことはあるまい。

美酒嘉肴 ゆきみさけ@中野
「サービス品/3回目」。
これを喰って、早く帰れってか。
そんなことはあるまい。

サービス精神旺盛。
また来るねぇ。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

美酒嘉肴 ゆきみさけ
*************************
【住所】東京都中野区中野5-52-1 エガヌマ店舗2F
【電話番号】03-6454-0258
【定休日】日曜
【営業時間】18:00-翌2:00
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩5分
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ゆきみさけ@中野 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<丸福@中野新橋(6) | HOME | 藤丸@中野(2)>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| HOME |